2006.11.27

無印良品でデスノートが売られている件について

まぁそんなわけで、私はついにデスノートを手に入れることに成功した。
20061127death
うーん、この色といい手触りといい、正に本物だ!!
表紙に「DEATH NOTE」の文字が無いことから、これはリュークやシドウのデスノートではなく、レムのノートだと推察される。

しかし残念ながら、裏には種明かしのシールが貼ってあるのだ。
20061127death2
というわけで、無印良品で今売っているダークグレーのノートが、あまりにデスノートにそっくりなのだよ。
会社でN先輩が使っているのを見て、最初はマjでびっくりした。あのN先輩が、ついにDEATH NOTEに手を出してしまったか、と……。んが、聞いてみると無印で買ったらしく、私も早速欲しくなったので買ってきた。

ちなみに中の紙質も、本物ソックリ!!(本物を触ったことないけどな)。
20061127death3

まぁそんなわけで、みんなデスノートを買いに無印に行けってこった

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.05.29

「突撃!パッパラ隊」が復活

パッパラ隊と言えば黎明期の「月刊 少年ガンガン」主力マンガだったわけだが、なーんと7月に復活するらしい!!

作者の松沢夏樹氏のWebページによると:

「突撃!パッパラ隊2」(仮)
一迅社刊 月刊COMIC REX
7月号よりスタート!!!

へー……!

まぁ当時からヒネクレ者だった私は、ガンガンの中でもパプワ君やドラクエ4コマではなく、増田晴彦氏の「輝竜戦鬼ナーガス」をイチオシしていたわけだが
しかし、パッパラ隊の「とびかげ」にいたく感動し、ああいう大人になるにはどういう修行をすればいいかを真剣に悩んでいたね

まぁそんなわけで、漏れの青春を語る1ページ(ぷ)なマンガだけに、いささか感慨深いものがある


----------- PR ---------------
セガサターン・ドリームキャストの販売を違法化し、ゲーム文化を破壊するPSE法(電気用品安全法)の改正を求めます。
20060316pse

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

NieA_7購入

そういえば先日、NieA_7のDVD-BOXを衝動的に購入した。インド人のダルジットさんがサイコー(w。

しかし本編よりも、このアニメを知るきっかけとなった安永航一郎の[西瓜は皮が透けるまで。]の方が私の性に合ったのは、やはり私が安永信者だからか。ozumaというのも安永からだからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.26

出来心でヤングガンガンを買った。

ふと魔が差して、ちまたで噂のヤングガンガンを買ってしまった

まぁこれでも創世記の頃はガンガンのファンだったため、未だにパッパラ隊やナーガスには愛着を感じている漏れ。っつーかあの頃のフレッシュガンガン、保存しておくべきだったよ。読み切りじゃ単行本にならないし。

そんなわけで、ちょっと期待しながら読んでみたわけでスガー>YG。
……いやー、超つまんない……。ホントに、あり得ないほどつまらん。いきなり「あ、魔狼王烈風伝の劣化コピー」とか思ってしまった漏れは古代人なのか?

その後もツッコミところが満載。
「あ、ここは天上天下のパクリ」
「なんで怪獣出てくるのに増田晴彦に描かせないんだ!!」
「エイケンがやりたかったのか?! それにしては激しく中途半端……」
とかそんな感じで、ストレスたまりっぱなしだよ。冗談抜きで、どれもこれもがどっかで見たような絵とストーリーで、全然楽しめん。ダメだこりゃ。

まぁこれはYGに限らず、最近はマンガ雑誌読んでもあまり楽しめなくなってしまった。単に自分の目が肥えたからだろうか。
楳図かずおの「14歳」が連載していた頃はあれほど面白いと思っていたスピリッツも、最近読んでそのつまらなさに愕然としてしまったし。

これが年を取るということなのか。ちょっと寂しいやね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.26

サンデーがときメモに対して謝罪記事

Game Online:
少年サンデーが"ゲームファンド ときメモ"に対する謝罪記事を掲載

っつーか、サンデーでときメモファンドについて書くマンガなんて、たった一つしかあり得ないし(ぷ。
これでクメタ氏が自由にマンガ描けなくなったら嫌だなぁ。このまま安永航一郎的な扱いになってしまうのかしらん

追記:
かってに改蔵では無いそうです。あらビックリ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003.12.05

アニメ@nifty blog

トーキョー☆ライフさんの記事を読んでアニメ@nifty編集記というのを見つけました

staffの方も結構書いておられるのですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)