« Mac miniのディスプレイ接続はややこしい | トップページ | 現代美術館:ワンダルフワールド »

2014.07.19

Mac mini(Late 2012)のメモリを16GBにして快適

先日にMac mini(Late 2012)を購入したのだけど、Mavericks(OS X 10.9)で標準のメモリ4GBではやはりムリがあるのか、かなり遅い。
アクティビティモニタで見てみると、起動してちょっとFirefoxを立ち上げたくらいで3GB近くメモリを使っているので、やはりメモリは最低8GBは無いとアカンようだ。

Ram
そこで、最近は随分メモリも安いしなぁと思い、一気に16GBにして快適になりました。という記録。

■Mac miniで使えるメモリ
Mac mini(Late 2012)は、一般にノートPC用に使われるメモリ、「PC3-12800 DDR3 204ピン SO-DIMM」を刺すことができる。これはPCショップなどでは、よく「DDR3-1600」と呼ばれる種類である。

Mac miniにはメモリスロットが2本あり、標準状態では2GBが2枚刺さって合計4GBとなっている。この最初から入っているメモリを抜いて、8GBのメモリを2つ刺して合計16GBとするのが最大容量となる。
なおメモリ交換の際は、「同一のメモリを2枚セットで」刺すのが基本で、別メーカのものを混在させることは避けた方が良い。

というわけで秋葉原をふらつきつつ私が選んだメモリは、それなりに実績のあるTranscendのJM1600KSH-16GK。このパッケージは、8GBのメモリが2枚セットとなっているもの。

トランセンドはMacBookでも使っているので、まぁメーカーものということで。ちなみに購入したのは、秋葉原のarkという、ゲームPCを主に扱っているお店。税込み16,250円だったので、たぶんその日の秋葉原最安値である(たぶん……)。


■メモリ交換手順
写真付きで詳しく紹介しようかと思ったら、AppleのWebページに詳しく解説されていたのでそちらへのリンクで済ませることにする。
Mac mini:メモリの取り外し方法と取り付け方法

まぁ上記Webページ通りにやれば良いのだけど……まずMac miniをひっくり返して(電源ケーブルなどは全部抜いておくこと)、裏のフタをちょっとだけ反時計方向に回す。
Memchange
この後、Appleのページにはフタの一部を押して浮き上がらせてから外せと書いてあるのだけど、私の場合はこれがうまくいかなかった。それよりも、素直にMac miniをもう一度ひっくり返せばそのままフタがぽろりと落ちるので、そちらの手法をおすすめする。

フタが外れたらメモリスロットが見えるので、標準で付いているメモリを外して買ってきたものと入れ替えるだけ。
204ピンDDR3-1600は逆差し防止のツメもあるので、間違って逆に刺してしまうこともない。

刺したらあとはフタを元に戻すだけで完了。Macを起動して、「このMacについて」からメモリが認識されていることを確認しよう。


■効果
メモリを16GBにして早くなったか、というと……「圧倒的に早くなった」。やはり標準の4GBでは常時スワップが大量発生していたようで、それが無くなったのでとても快適。
また余ったメモリはファイルキャッシュに使われるので、Mac起動直後や新しいアプリケーション起動時は今まで通り時間がかかるものの、その後の動きが明らかに早くなった。一時ファイルや実行ファイルが全部キャッシュに乗ってくれるからだろう。

実はメモリに16000円近く投資するなら、今(2014年夏)では250GBのSSDが同じくらいの値段で買えるんだから、SSDにしちゃえばいいという説もある。
が、Mac miniではディスク交換や増設が色々面倒なのと、長期間利用時の安定性を考えるとやはりHDDで運用したいという思いもある(SSDはあっさり壊れたことがあるので……)。

というわけで、迷っているならさっさとメモリを買って快適になりましょう。おすすめ。

|

« Mac miniのディスプレイ接続はややこしい | トップページ | 現代美術館:ワンダルフワールド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mac miniのディスプレイ接続はややこしい | トップページ | 現代美術館:ワンダルフワールド »