« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014.01.27

LS-YLシリーズで付属ソフトを使わずに設定する (MacとLS-Y1.0TL)

もはや買い物日記になってしまいましたが、また買いました。

バッファロー: リンクステーション LS-YLシリーズ
家庭内LANにNASが欲しいなーと前から思っており、ヨドバシをふらついていたところ13800円だったので購入。容量1TBの、LS-Y1.0TLです。

さっそく設定をしようとマニュアルを見ると、なんだかとてもうざったいバッファローの添付ソフト(NAS Navigator2)をインストールしなさい、としか書いてない。いや、そんな余計なソフト、絶対に入れたくありませんよね。

どうせWebインタフェースは持っているんだろうし、単なるSMB/AFPサーバとして使いたいだけなんだから……と、意地でもこのソフトを入れないことにしていじってみたところ、無事にMacBookで設定できたので手順を書いておきます。


■概要
バッファローのNAS、LinkStation LS-YLシリーズ(LS-Y1.0TL)を、付属の管理ソフトNAS Navigator2を使わずに、Web管理画面からファイルサーバとして利用できるまでの設定をする。
なお設定は、MacBook(MacOS 10.6 Snow Leopard)でおこなった。


■設定手順
*まず、物理的な配線をおこなう。と言ってもこれは、電源ケーブルを繋いで、LANケーブルをブロードバンドルータに刺すだけなので、ここで迷う人は流石にいないだろう。
ただしこの製品はHDD内蔵なので、いったん電源を入れると電源の直接OFFは厳禁で、管理画面から「シャットダウン」を選ばないといけない。そのためケーブル整理などをきちんとしてから設置すること。

*NASに振られたIPアドレスを調べる。これはブロードバンドルータのDHCP管理画面を見てもいいだろうし、根性でpingを投げまくって自分で調べてもいいだろう。普通は自分のPCに振られているIPアドレスを調べて、その後ろを一つ一つ試してみれば、すぐ当たるだろう。私の場合、192.168.2.105がMacBookに振られていて、NASは192.168.2.109だった。
なおMacならBonjourにも対応しているらしいんだけど、イマイチあれは信用ならないので、以下、ガチガチにIPアドレスで設定することにする。

*NASのIPアドレスを、Webブラウザで開く。具体的には以下のようにSafariに打ち込む。
http://192.168.2.109/
もちろんIPアドレスは各家庭により違うだろうから、そこは変えること。

*はじめに認証画面が表示されるので、ユーザ名にadmin、パスワードにpasswordと入力する。

*まず最初にやりたいのは、パスワードの変更だろう。「ユーザー/グループ」からadminを選び、パスワードをデフォルトのものから変更する。

*デフォルトではguestアカウントというものが有効になっている。気持ち悪いので無効にする。guestをクリックして、右のボックス内で「無効」を押せばいい。

*現在はDHCPでIPアドレスが振られているが、接続しやすさを考えると固定IPにした方がいいだろう。「ネットワーク」メニューから「設定変更」ボタンを押し、DHCPを「使用しない」としてIPアドレスを振る。家庭内の他の機器のIPアドレスとカブらないようにすること。

*同じくネットワークメニューで、「ネットワークサービス」のAFP(Macでのファイル共有プロトコル)とFTP(UNIXで使われるファイル転送プロトコル)が、デフォルトでは共に無効になっている。そのためMacを使っている場合、Finderの「サーバへ接続」で接続できない(ハマった)。AFPとFTPを有効にする。

*「その他」メニューの「メディアサーバー」で、DLNAとかなんだかウザそうなものがデフォルトでは有効になっている。当然、「使用しない」に変更する。

*デフォルトで用意されているフォルダ[share]は、ゴミ箱機能というものが有効になっている。うさんくさいので、ゴミ箱を無効にする。

*MacのFinderから、[移動]→[サーバへ接続]を選び、[サーバアドレス]にafpプロトコルで接続する。
afp://192.168.2.99
など。

これでFinderにディスクとしてNASが表れる。

*TimeMachineの対象ディスクとしたい場合は、[その他]→[Time Machine]から設定できる。この場合、Time Machine専用のフォルダを一つ作っておいた方が良いと思う。
Webで設定したあと、MacのTime Machine環境設定を立ち上げて「ディスクを選択」すればいい。


以上。

ちなみに購入時の感想として、どのメーカーのNASも、余計な機能付けすぎ。普通にSMB(Windowsのファイル共有)とAFP(Macのファイル共有)だけできれば、ほとんどのユーザは満足するんだから、とにかく不要なものは一切そぎ落とした、もっとシンプルな製品を出して欲しい。

このバッファローの製品は、インターネットから家庭内NASに接続できるようにする機能もウリにしているんだけど、そんな危険なもの絶対に使いたくないし有効にもしたくないなぁ。

| | コメント (1)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »