« 秋葉原 Eletcric Town | トップページ | LS-YLシリーズで付属ソフトを使わずに設定する (MacとLS-Y1.0TL) »

2013.12.17

iPhone5用にBluetoothキーボードを買った

なんか購入日記みたいになりつつあるけど、また買ってしまった。iPhone5用のBluetoothキーボード、LKB-i01WH。

よく見るとこれ、US配列(英語配列)なのだが、それは理由がある。

iPhone5にBluetoothキーボードをつなぐと、キー配列が強制的にUS(英語)配列になってしまう。そのため、バッファローなどから安く出ている日本語配列のBluetoothキーボード(BSKBBシリーズ)は、実はほとんどまともに使えない。

はてさて英語キーボードをどうしたもんじゃろうと秋葉原をうろついていたら、ツクモに怪しいBluetoothキーボードが置いてあったのが目に止まった。製品名はProHT、型番はLKB-i01WH。どうやらiPad/iPhone/Macに使えるようだ。3680円とお手頃で、しかも見た目もスタイリッシュかつコンパクトで良さそう。まぁもし使えなくてもネタの一つになるか、と購入。
帰宅してから調べると、inLandという会社の製品らしい。へぇ。知らないけど。ちなみにAmazonでも売っているようだ。


さて、実際にこのキーボードを使ってみると……。
*キーボードの背面に立てる突起が無いので、ちょっとベタっと寝過ぎるのが気になる。
*電池フタにはネジが付いてて、「電池交換にドライバーがいるの?」と思ったら、なんとリチウムイオン電池内蔵だった。付属のUSBミニケーブルを繋いで充電ができる。便利。嬉しい誤算。
*コンパクトでとても小さいので持ち歩きも苦にならない。しかもキーピッチはしっかり確保されているので、小さい変態キーボードにありがちな妙な打ちにくさも無い。及第点。
*全体の見た目、質感もMacBookやiPhoneと合わせて違和感無い感じ。なかなか頑張ってると思う。
*sshクライアントアプリ、promptを入れてさくらのVPSに繋いでみると……おおお、見事にモバイルターミナルに! BPS(バトルプログラマーシラセ)の世界が来たなー!!

まぁキータッチなどが若干ちゃちいけど、3680円ならこんなもんかな。

ちなみに私は昔、NECのモバイルギアという携帯端末を愛用していた。MobileGearII MC/R330という、1999年発売のWindowsCE機。
これは単3乾電池駆動で、液晶はバックライト無しのモノクロSTN液晶、画面サイズは640x240ドットという、当時としてもあまりにストイックすぎる仕様だった。しかしそのコンパクトさと携帯性の良さ、妥協の無いキーボードの品質の高さ、そして電源入れて1秒で起動というWindowsCEの良さを最大限に活かして、当時のモノカキ界隈ではかなりの人気を博した機種でもある。
ちなみに私も大学時代、発売直後にMC/R330を入手して、卒論やら原稿やらにかなり使い込んだ記憶がある(http://homepage1.nifty.com/y-osumi/doc/mobile.htm)。

何が言いたいかと言うと、当時あれだけ渇望していたモバイルテキスト端末が、iPhoneという手のひらハイパーコンピュータとBluetoothキーボードによって見事に実現されたんだなァ……ということ。
これで、出先のカフェなどでドヤ顔で原稿書いたりできるなー。

ちなみにiPhone5でBluetoothキーボードを繋いだときには、Command + Spaceで日本語入力の切り替えができます。

これ、知らない人はハマりがちなので気をつけて。

|

« 秋葉原 Eletcric Town | トップページ | LS-YLシリーズで付属ソフトを使わずに設定する (MacとLS-Y1.0TL) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋葉原 Eletcric Town | トップページ | LS-YLシリーズで付属ソフトを使わずに設定する (MacとLS-Y1.0TL) »