« 小石川植物園で梅とカンザクラ | トップページ | ツタと吸盤 »

2013.02.28

ネコヤナギの黄色い花粉

去年、小石川植物園で見たネコヤナギは見事なもっふもふだった。
もっふもふ

ということで今年もわくわくしながら見に行ったのだが、何やら黄色いカビみたいなものが……!
ネコヤナギ
と思ったら、この黄色いのは花粉のようだ。
Dsc_12842

少し調べてまとめてみた:
・ネコヤナギは、雌雄異株なので花粉を付ける雄しべは雄株だけにできる。つまり、今回撮ってきたこの写真は雄株。
・2月頃になると、例のもふもふした銀色のが出てくる。これを花穂と呼ぶ。
・花穂からは、(雄株の場合は)赤い葯のついた雄しべが出てくる。続いてこの葯が開き、黄色い花粉が姿を見せる。

ということのようだ。

|

« 小石川植物園で梅とカンザクラ | トップページ | ツタと吸盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小石川植物園で梅とカンザクラ | トップページ | ツタと吸盤 »