« バナナの顕微鏡写真 | トップページ | 目白・エスケースタンプのビル »

2013.01.08

ジャガイモの顕微鏡写真

今日は、ジャガイモを顕微鏡で見てみます。


まずは断面をつまようじで突っついて、汁をスライドガラスに擦りつけてデンプンを撮影。これは10倍対物レンズを使用しました。
デンプン粒はまん丸ではなくちょっと潰れた形をしており、直径はおよそ10-50μmくらいでしょうか。またデンプン粒には、年輪のような模様(輪層)がうっすらと見えます。これはアミロースとアミロペクチンの配列によって見える縞模様です。


ヨウ素液を垂らすと、このように紫色に染まります。


一方、こちらはジャガイモの皮。あんなにゴワゴワしていたのに、結構きれいに細胞が見えますね。
なんだか土の匂いがしてきそうです。

----
もう少し詳しくは、ジャガイモ観察にまとめました

|

« バナナの顕微鏡写真 | トップページ | 目白・エスケースタンプのビル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バナナの顕微鏡写真 | トップページ | 目白・エスケースタンプのビル »