« 板橋区立茂呂山公園の紅葉 | トップページ | トマトの皮の顕微鏡写真 »

2012.12.08

エノコログサ (猫じゃらし)の毛先の顕微鏡写真

先日、近所の公園に生えていたネコジャラシ。
秋のエノコログサ
ふわふわした毛が気になって、この毛先を顕微鏡でのぞいてみた。

ネコジャラシの毛先 - The tip of Setaria viridis (green foxtail)
これがエノコログサの毛先。何やらトゲトゲしているようだ。


毛をもう少し観察すると、どうやらトゲトゲが全体に生えている。トゲの向きは揃っており、この写真では左が毛先の方向となっている。

最初、ひょっとしてひっつき虫のように動物にくっつけるための仕組みかな? と思ったけど、そうならばこのトゲは逆向きの方が良いわけで、はたらきは謎。

また、トゲの中には芯のようなものが見えた。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

|

« 板橋区立茂呂山公園の紅葉 | トップページ | トマトの皮の顕微鏡写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区立茂呂山公園の紅葉 | トップページ | トマトの皮の顕微鏡写真 »