« 上弦の月 | トップページ | Nikon D90のアクティブD-ライティング »

2012.12.24

オレンジの顕微鏡写真

オレンジを買ってきたので、皮を顕微鏡で観察してみた。

観察対象は、近所のスーパーで安売りされていたアメリカ産オレンジ。

皮の表面をカミソリで薄く削り取って、プレパラートを作成。

柚子と同様に、細胞内にはオレンジ色のつぶつぶが見える。これが柑橘類の特徴なんだろうか?


もう少し大きく、100倍の対物レンズ(油浸)で撮影。
オレンジは、細胞自体がオレンジ色をしているわけではなく、その中のつぶつぶでオレンジ色に見えているのですね。


気孔(Stoma)も見えました。果実表面にあるのですね。


ちなみにオレンジの果実表面には、こんな感じでところどころオレンジに見えない箇所があります。
なんなんだろうか。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

|

« 上弦の月 | トップページ | Nikon D90のアクティブD-ライティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上弦の月 | トップページ | Nikon D90のアクティブD-ライティング »