« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.31

2012年度・面白かった本ベスト10

読書日記(ozumaの本棚)から、今年も毎年恒例の2012年に読んだ本ベスト10を作りました。
(去年のはこちら:2011年に読んだ本ベスト10)

なおこのベストは、「私が2012年に読んで面白かった本ベスト10」なので、2012年の新刊本、ではありません。悪しからず。

■1位: ゾルゲ市蔵: 8bit年代記
当時、雑誌「ゲームサイド」に連載されていた頃から気になっていた作品。単行本にまとまったと聞いて購入した。1970-80年代のコンピュータゲームがメインテーマで、当時のゲーム少年たちがいかにゲームに熱中していたかが余すところ無く描かれている傑作。
特に素晴らしいのが第2話「We are the GALAXIANS」。ナムコのギャラクシアンでハイスコアを叩き出し続ける男と、それを見つめる主人公の少年のお話。当時のゲームが持っていた魅力と、もの哀しさを見事に描ききった作品。おすすめ。

■2位: 東村アキコ: 海月姫
これは友人から借りてきたのだが、面白さにあっという間にハマった。オタク女子たち「尼〜ず」の日々の暮らしと、世間(笑)との関わりがユーモラスに描かれる。
いやー、良い作品だ。どんどん続きが読みたい作品。

■3位: 押切蓮介: ピコピコ少年
これもゲーム少年のお話。お隣に住んでいたファミコン少女、ゲーセンで強い女の子、PCエンジンを求めて放浪、どれもこれもが面白い。
この作者さんが描く、幸薄そうな女の子も可愛い。面白かったなー。

■4位: 西村ツチカ作品集なかよし団の冒険
どこかでオススメされていたので購入。短編集。作品ごとにかなり作風が違い、絵もすごく変わる。一応、共通のテーマとして根底に「オンナのココロ」みたいのがあるのかなー。
中の一編、「チカちゃんの発明館」が良かった。発明少女とロリコン男子大学生のねじくれたお話、チカちゃんの着る「16-BIT」のTシャツがステキ。

■5位: フジイキョウコ: 鉱物見タテ図鑑 鉱物アソビの博物学
鉱物図鑑は真面目な物からくだけたものまで色々あるけど、これは鉱物を色々なものに「見立て」て語ってくださる。
そういう変にアートを狙ったものは好きじゃないのだけど、この本はそんなことなく、全てが美しくステキ。鉱物の面白さが素直に感じられた一品でした。

■6位: 宮本常一: 庶民の発見 - 宮本常一著作集21
民俗学にちょっと興味を持って図書館で借りてきた。日本中を旅して民俗学研究に没頭した著者による、庶民の生活を丹念に追った一冊。
村の「ヨメ」のあり方、オシラさま、出稼ぎとは、なぜ田んぼのアゼが曲がりくねるのか……などなど、単なる雑学程度の知識しか無かったところに民俗学的な厚い裏打ちをしてもらった感じ。重いけど楽しい本。

■7位: 青野春秋: 俺はまだ本気出してないだけ 5
中年ダメ男のシズオが漫画家になるべく頑張る(?)作品、堂々の完結。
脱サラしてパン屋をはじめた友人を描く「パンを焼く」でデビューなるか。この作中作が地味に良いのだが、若い人にはピンと来ない、おっさんにしか分からないだろうなぁ雰囲気。
中年男性のモヤモヤ感と家族愛、なかなか良い作品だった。

■8位: 長嶋有: ねたあとに
山小屋でひたすら遊びに興じる人たちを描いた小説。遊びは、「ケイバ」「顔」「それはなんでしょう」「軍人将棋」など、今だとアナログゲームと呼ばれるもの。
ボードゲームやTRPG好きな人にはおすすめ。このけだるい感じがたまらない。

■9位: R.P. ファインマン: 困ります、ファインマンさん
物理学者・ファインマンのエッセイ集。例のチャレンジャー号事件の調査報告を書き上げる顛末が載っている。
NASAのような組織でもこれだけ現場と上層部の乖離が激しくてダメになってしまうんじゃ、日本の会社がどうしようも無くなるのも仕方ないのかなぁ……とか、ちょっと暗澹たる気持ちになってしまった。色々考えさせられるので、特に理系ならば必読。

■10位: こうの史代: ぴっぴら帳
当時、まんがタウン(元は「クレヨンしんちゃん増刊号」だった)で読んでいた。
迷子の小鳥「ぴっぴらさん」を飼い始めたキミ子とその周辺のひとびとのお話。絵柄もお話もかなり旧式、しかし決して古臭くなくどこか懐かしい。結局、ツナさんとどうなったんだ! とか、そもそもツナさんどこに就職してどうして帰ってきたの! とか色々未解決なんだが、全体のこの古き良き昭和的な雰囲気が好き。
-----------------------------

ということで、2012年も色々面白い本を読んだなー。
来年も面白い本に巡り会えますように。

| | コメント (0)

みかんの顕微鏡写真

日本の冬といえば、ミカン。ということで観察してみる。

皮の表面をカミソリの刃で削って顕微鏡で覗いてみた。


40倍の対物レンズで観察。
以前にオレンジの皮を見たけど、それと似ていて細胞にミカン色の小さなつぶつぶがいっぱい詰まっている。


100倍の対物レンズに変えて別の場所を見ると、気孔が見えた。
これもオレンジのものと見た目似てますね。同じ柑橘類だからか。


こちらも100倍の対物レンズ。みかんの皮はオレンジ色(みかん色?)ですが、細胞自体には色は付いておらず、みかん色のつぶつぶが中に詰まっていることが分かりますね。

ちなみにこの画像を、トーンカーブとコントラストをかなりいじってキラキラさせてみたのがこちら。
ミカンの皮 - mikan
さすがに肉眼では、こうは見えない。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

ニンジンの顕微鏡写真

スーパーでニンジンを買ってきたので、今日はこいつを見てみることにします。カロテン(昔はカロチンと書いた)が見えるはず。

どの部分を見るかというと、断面のやや表皮寄りの部分をカミソリの刃で削りだし、横断切片を作りました。

まず、10倍の対物レンズで観察。

細胞の中に、なんだかゴミみたいな赤いカスのようなものが見えます。これがニンジンに含まれるカロテンです。細胞全体がオレンジ色なのではなく、カロテンだけに色が付いているのが分かります。

続けて40倍の対物レンズで観察。

カロテンは、細胞内で棒状(針状?)となっているようです。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.29

SONYのヘッドホンMDR-ZX600は初音ミクカラー

新宿のヤマダ電機を見ていたら、ちょうどよさげなヘッドホンがあったので購入してしまった。今年最後のお買い物。
   
買ったのはこれ、ソニーのMDR-ZX600。5980円でポイント10%だったので実質5600円くらいか。

何が気になったのかというと、このカラーリングだ。
Dsc_0424
狙ってやっているのかそれとも偶然なのか分からないけど、どこからどう見てもこれは初音ミク……!! 店頭で見かけてすぐに「ピン」と来ちゃった。
肝心の音質は、5000円くらいのヘッドホンでこのくらい出れば十分かなーという印象。そんなに感動するほどでもないけど、そんなにヒドくもない。

ちなみに上位機のMDR-ZX650もこれとほぼ同じデザインで(ややゴツい)、同じカラーリング。ZX650は、ZX600より1600円高くて7580円で売っていた。
店頭に両方ともあったのでZX600とZX650で聞き比べてみたけど、私の耳では650はなんだか音が薄くてむしろ600の方が良く感じた。単にドンシャリがキツいだけなのかもしれんけど……。

あとこのヘッドホンで良かったのが、ケーブルがきしめんのように平べったい点。
Dsc_0425
このきしめんケーブルで絡みにくいというのが書かれていて、そんなもんかなぁと半信半疑だったけど確かに絡まりにくい。これは地味に良いわ。

というわけで、今年最後の買い物は失敗せずに済みました。よかったよかった。

| | コメント (0)

2012.12.26

ナスの顕微鏡写真

スーパーで熊本県産の茄子が売られていたので、顕微鏡で見てみることにする。

皮をカミソリの刃で削り取って10倍の対物レンズで覗いてみると……おおー、なんとも見事な紫色の細胞がぎっしりと並んでいるー。

細胞質のこの紫色が、あのナスの色を出しているのですね。

40倍の対物レンズ。

どうやら、細胞の中には真っ黒の大きな球があるようだ。しかし一つの細胞内に複数あるのも多いし、これは細胞核では無い?

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.25

夕陽

日没を、マルミのND100000フィルターを付けて撮影。

夕陽
遥か向こうの電柱や木の影がシルエットになった。

| | コメント (0)

2012.12.24

Nikon D90のアクティブD-ライティング

日中、青空の月を撮影していて今さら気が付いたのだけど、こういう条件ではNikon D90のアクティブD-ライティング機能をOFFにしないと不自然なことになる。

以下の例は、ホワイトバランスを「電球」にしていてかなり変な色具合ですがそこは気にせず……。
条件はどちらも同じで、ISO400に1/200シャッターで撮影している。

Dsc_0340
こちらの写真は、アクティブD-ライティングを[AUTO]に設定。
月の周りの青空が薄暗くなっており、月が浮かび上がってくるように見える。イメージ画みたいな用途ではこれで良いのかもしれないけど……科学写真としてはかなり不自然。

Dsc_0341
こちらは、アクティブD-ライティングを[OFF]。目で見たのと同じ感じに、空の明るさが一定で撮れている。
ただ、月の明るい部分と暗い部分(海)とのメリハリがかなり減ってしまった。そのため、あとでレタッチの際にトーンカーブをいじったり焼き込みをする調整が必要。

| | コメント (0)

オレンジの顕微鏡写真

オレンジを買ってきたので、皮を顕微鏡で観察してみた。

観察対象は、近所のスーパーで安売りされていたアメリカ産オレンジ。

皮の表面をカミソリで薄く削り取って、プレパラートを作成。

柚子と同様に、細胞内にはオレンジ色のつぶつぶが見える。これが柑橘類の特徴なんだろうか?


もう少し大きく、100倍の対物レンズ(油浸)で撮影。
オレンジは、細胞自体がオレンジ色をしているわけではなく、その中のつぶつぶでオレンジ色に見えているのですね。


気孔(Stoma)も見えました。果実表面にあるのですね。


ちなみにオレンジの果実表面には、こんな感じでところどころオレンジに見えない箇所があります。
なんなんだろうか。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.20

上弦の月

今日は美しい半月が出ておりました。
上弦の月

| | コメント (0)

2012.12.17

三日月と地球照

昨日は良い天気だったので、三日月を撮影してきました。
三日月

さて、三日月のときによーく目をこらすと、何やら影の部分がぼわっと明るく見えてきます。
Dsc_0271
これは地球照(ちきゅうしょう)によるもの。三日月のときは月の大部分が影ですが、逆に月面から見れば、地球はほぼ影無く見えます。その地球からの太陽光線の「照り返し」で月の影が照らされるのです。
図付きの説明は、こちら:おつきさまのいろいろ

| | コメント (0)

レモンの顕微鏡写真

今日は、レモンを買ってきたので皮を観察してみました。

皮をカミソリの刃でそっと削り取る。

lemon
本当はこんなへげへげのものは失敗作なのですが(^^;、なんとなく日本地図に見えて楽しいのでよしとする。
細胞が並ぶ中、以下の場所に、気孔が観察できます。

もう少し倍率を上げて気孔を見ると、オーソドックスな形をしています。

葉だけではなく、果実の表面にも気孔があるのですね。


こちらは輪切りにして皮の部分を縦断した切片。ハデに空気が入りました。


最後に、果肉の部分を取って見てみました。なんとなくモワモワとしたものが見えますが、特に構造らしいものは見えません。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.14

柚子(ユズ)の皮の顕微鏡写真

冬至が近いので、近所のスーパーでユズを買ってきました。

表面を水洗いしてゴミを取った後、皮をカミソリの刃で削り、顕微鏡で観察してみました。
柚子の皮
写真の右側中央付近、果実の表面に気孔が見えます。また、細胞内には小さな黄色いツブツブが詰まっていますね。これがあの香りの元なんだろうか?

黄色いツブツブが美しかったので、ピントを少しずつずらしながら観察する様子も動画で撮影しました。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.13

トキワサンザシ (ピラカンサ)

江古田駅の北側をぶらぶら歩いていたら、赤い実がびっしりと付いているのを発見。
トキワサンザシ (ピラカンサ)
トキワサンザシはピラカンサスとも呼ばれるけど、Pyracantha になぜ「ス」が付くのだろうか

| | コメント (0)

2012.12.12

牛乳とブラウン運動

今日は、牛乳を一滴取って顕微鏡でのぞいてみた。

丸い白点が、脂肪の球。ここからちょっとピントをずらすと、小さな黒点が見られる。

さて、この脂肪球は、ブラウン運動により観察しているあいだ微少に動き回っている。その様子を動画で撮影してみた。

YouTubeの自動補正をかけたら随分と不気味になってしまった……が、それなりに見やすいかな。

補正前の動画はこちら。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.11

トマトの皮の顕微鏡写真

ミニトマトを買ってきたので、皮を観察してみた。
Surface morphology of Tomato
対物40倍で撮影。このように、トマトの皮はカメの甲羅みたいな細胞がびっしり詰まっています。

■観察したトマト


対物4倍で観察。トマトの皮は、カミソリの刃で切り出して剥がすだけでそのまま観察できるので便利。


対物10倍で観察。カメの甲らのように、緻密な細胞がみっちりと詰まっているさまがよく分かります。こんな表面だから、ツルツルしているのでしょうか。


さて、トマトはヘタがある上側の方には白い点が多く見られます。
この部分の皮を切り取ったのが以下の写真です。

このように黒い斑点のように見えます。


黒い斑点を対物40倍で観察。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.08

エノコログサ (猫じゃらし)の毛先の顕微鏡写真

先日、近所の公園に生えていたネコジャラシ。
秋のエノコログサ
ふわふわした毛が気になって、この毛先を顕微鏡でのぞいてみた。

ネコジャラシの毛先 - The tip of Setaria viridis (green foxtail)
これがエノコログサの毛先。何やらトゲトゲしているようだ。


毛をもう少し観察すると、どうやらトゲトゲが全体に生えている。トゲの向きは揃っており、この写真では左が毛先の方向となっている。

最初、ひょっとしてひっつき虫のように動物にくっつけるための仕組みかな? と思ったけど、そうならばこのトゲは逆向きの方が良いわけで、はたらきは謎。

また、トゲの中には芯のようなものが見えた。

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

2012.12.07

板橋区立茂呂山公園の紅葉

今年のもみじはどこに撮りに行こうかと考えていたのだが、せっかくなので近場に行ってみた。
* autumn leaves
撮影地は、東京都板橋区の茂呂山公園。我が家から自転車で20分ほどのところ、練馬区と板橋区の境目に都立城北中央公園があるのだが、そのすぐ南にある。城北中央公園はかなり大きな公園だけど、こちらの公園も小山になっており紅葉がなかなかのもの。

yellow & red leaves
特に、黄色と赤色のもみじが入り交じった辺りが本当に美しく素晴らしい。
しかも人がまったくと言っていいほどおらず、ほぼ独占できてしまった。もったいない……。
yellow & red leaves
まぁこの辺はどの駅からも遠いので、地元住民しか行かないようなところだからなぁ。しかし東京のど真ん中にこんなに大きな公園があって、しかも紅葉が美しく、しかもガラガラ。もうちっと有名になってもいいと思う。

もみじ momiji
ちなみにもうすぐ引っ越すので、ここ茂呂山公園のもみじを見るのもこれで最後かもしれません……また見られるといいな。

| | コメント (0)

2012.12.02

海苔(ノリ)の顕微鏡写真

どうやら海苔を顕微鏡で見ると、お手軽にキレイなのが見えるらしい。ということで韓国のりを投入。
Korean Nori (Gim)

まず4倍レンズで見てみると、既に細胞のツブツブが見える。
Img0036
盛大に泡が入ってしまってかなり汚いけど、なんか玉乗りしてるクマみたいに見えるので、面白いからまぁいいや。

さて、この写真の中央左部分あたりを拡大して10xレンズで拡大してみる。
Img0040
だいぶはっきりと細胞が見えてきた。そして、ノリが「シート」状になって重なっている様子がよく分かる。右上のあたりは4層重なっているみたいですね。

韓国海苔 (Korean Nori; Gim)
さらに拡大して40xレンズで観察した。なんだか小さな緑色の細胞が、タイル床みたいだ。
サイズが小さく二つ並んでいるものが結構あるけど、これは細胞分裂直後のものだろうか?

---
むしめがねのちょっといいやつ (顕微鏡写真ギャラリー)

| | コメント (0)

等々力渓谷から多摩川散歩

東急大井町線・等々力駅から徒歩数分の、等々力渓谷に友人らと行ってきた。
こわれてもうたん?

さて、この等々力渓谷から、西側に10分ほど歩いたところにあるのが善養密寺。
000011
この写真では普通のお寺に見えるだろうけど、ここはなんというかものすごく怪しい。この怪しさは言葉では伝わらないのでぜひ行ってみて欲しいのだが、なんというか石像群がとてもアヤシイのだ。

その後は、多摩川河川敷まで出て、二子玉川駅まで歩いて帰宅。
000021

| | コメント (0)

顕微鏡購入 - Nikon Eclipse E100

半年くらい悩んでいたのだけど、とうとう買ってしまった。
Dsc_9852
Nikon Eclipse E100、生物顕微鏡。

対物レンズはCFI BE プランアクロマート4x、10x、40x、100x(oil) の4本で、三眼鏡筒セットのものを購入した。
カメラの接続には、レイマー顕微鏡のSA20を利用した。以下のような接続になる。
--------
Nikon D90
TマウントアダプタNikon-F用
一眼レフカメラアダプタSA20
Cマウント変換アダプタCMT232
CマウントアダプタNikon用
Y-T TV直筒
E100三眼鏡筒
--------
Y-T TV直筒は、Nikon純正のものを顕微鏡と一緒に購入した。その上の部分はすべてレイマーで購入。カメラがNikon製なのでTマウントアダプタもNikon-Fのものをレイマーで購入。

珪藻群集試料
まずはケイソウプレパラートを観察。素敵な殻だ。

* microcosmos
これは普通に撮ったものと、ピントをずらして撮ったもの、2つをPhotoshop上で「差の絶対値」で演算したもの。ちょっと暗視野っぽく見える。

ということで、色々と顕微鏡写真を撮っていきたい。まずは光学の勉強と、試行錯誤だな。
顕微鏡ブログを別に作ろうか、ここでそのままやろうか考え中。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »