« 2011年度・面白かった本ベスト10 | トップページ | フラクタル野菜 ロマネスコ »

2012.01.25

Garage fantoni GTを買った

なんか、最近は何か買ったタイミングでしかblog更新してないけど……。
地味に引っ越したので、机と椅子を買いました。
Dsc_1482

椅子は、以前に会社で使っていたオカムラのアドフィット(adfit)。座り心地が地味に気に入っていたので、家でも買ってしまった。
定価は5-6万円なのだが、中古オフィス家具のお店にてヤフオクで9,800円(税込み)で売っていたので購入。送料2,625円で、合計12,500円ほど。中古だからちょっと心配していたけど、かなりキレイで満足。

机はパソコン用&書き物用ということで探して、SOHO向けのすっきりしたデザインのデスクが良いなぁと思い、前から気になっていたGarageのfantoni GTを買った。
Garageの製品は基本SOHO向けっぽいけど、個人でも問題なく買えるし、パソコンデスク求めている人にも結構人気があるようだ。

fantoni GTはサイズや天板の種類が選べる。
*サイズ:W1000/W1200/W1400/W1600/1800、D710/D800/D900
*天板:木目/黒/白/オーク/白木
まぁあんまりデカいのを買っても後で困るので、一番小さいW1000 x D710の木目という、シンプルな物を購入。
組み立てサービスもオプション2,625円で申し込めるけど、これは自分で組み立てることにした。ただ、電動ドライバーを持っていない人はやめた方がいいと思う……さすがにこれを全て手でネジ止めするのはつらいので。

注文後、在庫有だったので翌日すぐ発送されて、翌々日には到着した。早くてビックリ。配送業者は福山通運だった。
なんだか梱包は随分と大らかで、箱から足が思いっきり飛び出していたりした。まぁ足は丈夫な金属製だったので曲がったりはしていなかったけど、表面の塗装ハゲが少々。でもそういうのは無視して、あんまり気にしないで開梱。

実際の組み立ては、Garageが動画を公開しているので見ればすぐ分かると思う。
Garage デスク fantoni GT 組立説明
1) 天板をひっくり返して寝かせ、レールを置く(レールは、ねじ穴の位置が合うように置く)。
2) レールを木ねじ(PH2)で留める。この締め付けがかなり体力を使うので、電動ドライバー必須。また、ビットが短いものだとレールの奥に入らないので、少し長めのビットを使わないとダメ。
3) 次に足の用意をする。足に固定プレートを仮止めする(2,3回ネジを回して止める程度にする)。説明書にも書いてあるけど、ナット部が上になるようにプレートを置くこと。
4) 床に寝かせた天板のレール内側に固定プレートが入るようにして、逆さにした足を横から差し入れる。この際、レールの工作精度がいまいちで、私のはかなり叩き込まないと入らなかった。
5) レールの両端にプラスチックカバーを取り付ける。
6) 足を外側いっぱいのところまで持ってきて、固定プレートのねじでしっかり止める。
7) 全体を天地ひっくり返して完成。

(4)のところ、どうやらねじ穴とレールの工作精度がいまいちのようで、綺麗に足が入ってくれなかった。結果、かなり強烈に叩き込まないといけない羽目に。(2)のネジ締めを軽めにしておいて、足を入れてから本締めした方がいいのかもな。
また、最後に(7)でひっくり返すのが地味に大変。私のは一番小さいW1000xD710だから一人でもできたけど、ネットで他の人の感想を見ると、もっと大きいのを頼んでいる人はとても一人ではムリなようだ。心配な人は組み立てオプションを付けた方が良いね。

完成してみると、とてもシンプルですっきりしていて満足。余計な幕板が無いから足下が広いし、机の脚もしっかりしていてまったくグラつかない。快適だー。
最近、買い物失敗が多かったんだけど、これは久々に良い買い物をしたと思っております。おすすめ。


ってか、Amazonでも売ってるのね……。公式サイトでそのまま買ってしまった。

|

« 2011年度・面白かった本ベスト10 | トップページ | フラクタル野菜 ロマネスコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年度・面白かった本ベスト10 | トップページ | フラクタル野菜 ロマネスコ »