« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.24

MacBook White (13インチ) MB881J/A メモリ交換

先日、自宅のMacBook白(MB881J/A, Model No: A1181)のメモリを2GB(1GBx2)から4GB(2GBx2)に交換したのでメモ。

この機種にはメモリスロットが2コあり、同一同容量のメモリをセットで刺すことが原則。購入時には1GBのメモリが2枚刺さっていたので、2GBを2枚刺すことにする。
対応メモリは、DDR2 SO-DIMM PC2-5300(DDR2-667)。なお上位互換があるので、PC2-6400(DDR2-800)でも大丈夫のハズ。

↑この、2GBの2枚セットで一番安かった、トランセンドのJetRam JM667QSU-4GKを5520円で購入してきた。今のところ、問題なく動いている。

特殊なネジなどは使われていないので、メモリ交換だけなら100均で売っている精密ドライバだけあれば十分。
Dsc_7915
まずはMacBookをひっくり返し、裏側のバッテリを外す。くぼみを10円玉などでひねれば良い。
バッテリを取っ払うとL字金具がネジで留められているのが見えるので、このネジを精密ドライバで外す。

Dsc_7918
L字金具を外すとメモリスロットのレバーが出てくるので、レバーを押し込んで最初から刺さっているメモリを外す。この際、逆刺ししないようにメモリの切り欠きの向きを確認しておく。

Dsc_7925
買ってきたメモリを、切り欠きの向きを最初から刺さっていたメモリと同じ向きにして刺す。ちょっと入れにくいのだけど、最後までむにゅ〜と押し込む。

メモリを2本とも刺したら、とりあえずL字金具を戻す前に電源を入れてみて、正常に起動できることを確かめた方がいい。起動しなかったらメモリを刺し直してみよう。

ということで4GBに交換成功。今までHDDをガリガリとしていたのが、かなり早くなった! 満足。

| | コメント (6)

2011.05.02

スタンプショウ '11

毎年この季節にやっている、切手のイベント「スタンプショウ」。今年も、切手はり絵と切手バッヂのコーナーでお手伝いをしていました。
おーい、はに丸

空いた時間に会場を見て回ったけど、全然時間が足りなかったなぁ。どれも興味深くてとても面白かった。
5Fでやっていた全日本切手展2011の方に出ていた、ウミガメの作品はカメ好きとして血が騒ぎました(メモを忘れたので、作成者の方のお名前は失念)。そうだカメだと思い、何点かカメの切手を購入して帰宅。
Dsc_7286


| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »