« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.28

ゲルマニウムラジオ(ゲルマラジオ)の作製

前からちょっと作ってみたいなーと思っていた、「ゲルマニウムラジオ」。
同調回路にコイルとバリコン、検波回路にゲルマニウムダイオード、出力はセラミックイヤホンを利用する。
回路への電力供給もアンテナからの電波を利用するので、電池などの外部電力が一切無しでラジオが鳴るという、現代っ子にはちょっとショッキングな古典ラジオだ。

ちょうど最近、図書館で、初歩のラジオ編集部「ゲルマラジオ制作徹底ガイド」の本を借りてきたので、作ろうと思ってキットを買ってみた。
買ったのは、シャンテック電子さんのゲルマニウムラジオキット。2種類あるのだけど、小型リードインダクタが同梱されていて自分の手でコイルを巻かなくて良い[K-001]の方を買ってみた。本当は自力でコイルをガリガリ巻くべきなんですが、軟弱ですみません。

20100528radio
さっそく回路を組んでみて、まずは自分で作った電灯線アンテナに接続してみる。これは、ACプラグの片側を取っ払って、もう片方に耐圧250V/100pFのコンデンサを繋いでビニル線を引き延ばしたもの。これできちんとラジオ日本(1422kHz)が受信できた。お〜〜〜〜〜、電池なしでラジオが鳴ると、やはり感動するものがある。
その後に色々試してみたのだが、室内のホームエレクターのワイヤーシェルフ(ワイヤーラック)棚板部分をアンテナにすると、ちょっとビックリするくらい明瞭に受信できた。棚板によって受信感度が違い、下から2番目の棚板だけ異様に感度が良い。うーん、なんでじゃろ?

他にも、
*カーテンレール
*水道管
*流し台のステンレス
などで受信できた。うーん、これは実に面白い!! 他には、(当たり前だけど)室内のTVアンテナコンセントからも大変良好に受信できた。

ということで、皆もゲルマラジオキットを作って遊んでみることをオススメします。現代の地球には、電波が満ち満ちているんだなぁ……としみじみ思ってしまった。

ちなみに読んだ本はこちら。

| | コメント (0)

2010.05.18

スウェーデン漫画切手を購入

最近は微妙に切手趣味にハマりつつあるので、手に入れたスウェーデンの切手を紹介。
20100517stamp2

スウェーデンの"Comic Strips"という切手帳。見ての通りのコミカルな絵の切手で、特にこの右下の女の子の切手がすさまじくJapanimationという雰囲気。
この絵ならばジャンプやサンデーはおろか、電撃文庫の表紙に使われていても違和感無い(言い過ぎかな?)。

実はこの切手、前から読んでいた[HYPER Philatelist]さんの「スウェーデン漫画」という記事を読んですぐに欲しくなってしまい、そちらでスウェーデン郵政のページを教えて頂いた。
さすがにスウェーデン語のみならば諦めようと思っていたのだが、英語版もあるから問題無く注文完了。注文してから、到着まで1週間もかからなかったよ。早い!!
20100517stamp
というわけで、クレジットカードさえあれば日本からも簡単に注文できるので、オススメです。

ちなみに、スウェーデン郵政のこちらのWebで買えます:
http://www.posten.se/m/colstamps

| | コメント (0)

2010.05.03

東京国立近代美術館 フィルムセンター - 「ビルマの竪琴」

しばらく博物館に行っていなかったのでどこかに行こうと思ったのだが、ちょうど映画が見たかったので、前から行ってみたいと思っていた東京国立近代美術館 フィルムセンターに行ってきた。
都営浅草線宝町駅下車、すぐ目の前。JR東京駅からも歩いて行ける距離にある。

7Fに展示室があり、4Fは図書室。そして2Fの大ホールでは映画が上映されるという館。が、私が行ったのは日曜日なので4Fは休室だった。あら残念。
7Fでは日本の古き映画機材などの展示と、企画展「映画の中の日本文学」をやっていた。単純に映画ポスターを見るだけでも楽しく、なかなか面白かった。寺山修司のはもっとたくさん見たかった。「江分利満氏の優雅な生活」もやたらと気になったなぁ、機会があれば見たい。
ってかここでポスターを見てビックリしたのだけど、村上春樹の「風の歌を聴け」って、映画になってたの!? まったく知らなかったわー。

そして時間になったので、2Fの大ホールへ。映画料金は500円(ただし私は学生なので300円)。あくまで映画館ではなく美術館の視聴覚施設なので、上映中の飲食は厳禁。ただし、ロビーには自動販売機があって飲み物を飲むのはOK。
見たのは、市川崑監督の「ビルマの竪琴」(1956年版)。原作を既に読んでいたのでストーリーは知っていたのだが、いやしかし感動しました。人生について色々と考えてしまうやね

というわけで、居心地良い館でした。また行こう

| | コメント (0)

2010.05.01

三脚を買った -- SLIK スプリントPROII 3WAY

またもやカメラの話題だけど、Nikon D90で色々撮りたくなったので三脚を買ってしまった。どれを買おうか迷ったけど、結局SLIKのスプリントPROII 3WAY。ヨドバシAkibaで11000円チョイだったけど、後でkakaku.com見たら8000円切って買えたみたい……あら。
ちなみに最初はF630辺りでいいかな〜と思っていたのだが、一眼レフカメラにこれはちと力不足と聞いてやめた。

とりあえず使ってみて初心者の感想だけど、必要にして十分な性能なので概ね満足。作りもそんなにチャチなところはなく、ソフトケースが付属しているのも地味に嬉しい。ただ、申し訳程度に付いているあの水準器は要らないと思う。
重さは1.1kgと軽く、持ち運びも全然苦にならずにGood。ただし軽いぶん、足をいっぱいに伸ばすと少しグラグラするかな?感はあるけど……。でもまぁ私くらいの一眼レフ初心者レベルで、標準ズームレンズ使う程度ならこれで十分です。

センターポールは天地ひっくり返して付けることもでき、これでカメラを下に向けて紙類の複写みたいなこともできる。さっそく、切手を撮るのを試してみた。
蛇頭蛾(Attacus atlas ryukyuensis, ヨナグニサン)
しかし真っ直ぐ撮るのが難しく、少しPhotoshopで修正してしまった。

まぁそんなわけで、なかなか満足な買い物でした

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »