« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.26

Twitterのボット作った

最近、Twitterを始めたので、流行りと聞くBotを作ってみました。
簡易Bot for Twitter
(現在は、ボットの動作は一時停止中です)

作る前にボットのサンプルをググって見て回ったのですが、なぜかPHPの例ばかり。なのでPerlで作りました。
id/passの設定ファイルと、メッセージ設定のテキストファイルだけいじればOKにしてあるので初心者向け(のはず)。しかし、初心者にcron設定をしろというこの矛盾。

まぁこれで雄妻さんも少しは有名になるというものです

| | コメント (0)

2009.10.12

東急田園都市線と大井町線の連絡

東急大井町線が延伸して溝の口-大井町になったのだけど、田園都市線からの溝の口連絡がちょっと妙だ。

朝のラッシュ時は、田園都市線上り列車が溝の口で大井町線の大井町行に連絡している。これは当たり前。
しかし昼頃になると、田園都市線の急行上り列車は、大井町線の急行列車と溝の口ではなく二子玉川での連絡になっている。溝の口に着いた時点では既に大井町線の急行は発車していて、二子玉川で待ってくれているのに追いつく、というダイヤなのだ

なので、騙されて溝の口で降りちゃった人が、後発の各駅停車大井町行に乗っているのを見るの多数。二子玉川まで行けば急行に連絡できるのに。
あれだけ大々的に「大井町線は溝の口まで延伸」と言っているのだから、昼の田園都市線の急行上り列車は溝の口に着く前に、「大井町線急行電車をご利用のお客様は、次の二子玉川でお乗り換えください」に変えるべきかと思う。
あるいは単に、大井町線急行の発車時刻を少し遅らせれば済む話だと思うんだが……(どうせ二子玉川で待つんだし)。素人考えかしらん

| | コメント (0)

損保ジャパン東郷青児美術館

新宿駅の損保ジャパン東郷青児美術館でやっていた「ベルギー王立美術館コレクション - ベルギー近代絵画のあゆみ」を見てきました。
損保ジャパン東郷青児美術館
この美術館に行くのは初めて。いきなりビルの42階までエレベータで。
私は損保ジャパンの医療保険に入っているので入館料になんか割引あるのかなと期待したが、そういうのは無かった。まぁ当たり前か

良かった作品は、ジェニー・モンティニー「冬の下校」かな。近づいてよく見るとさり気ない暗い線なのに、それがあんなに生き生きと、冬の傾いた日差しによる子どもの長い影になる。素晴らしい。
しかしこの作品は絵葉書が無くてガッカリ。

常設展でゴッホの「ひまわり」も見てきた。これも見るの初めて。
うーん……しかし……58億円もの価値が本当にあるんじゃろか? 私には正直、そこまでの感動はありませんでしたな

| | コメント (0)

2009.10.04

Nikon D90 レンズ交換

秋葉原のニッシンパルで、壊したNikonの同じ型番(18-55mm VR)のレンズを買ってきた。14419円、東京で最安値(たぶん)。

Camera Test
うーん、パッと見は大丈夫そうだけど。でも何枚か撮ってみて思ったが、衝撃があった画面左側の方のフォーカスが右側に比べて眠たい気がする。気のせいだろうか??
結局、レンズだけの破損だったのか、本体にも影響あったのか、まだカメラ素人なのでよく分からない。とりあえずこれだけ画質あれば大丈夫かな、と思うことにした

| | コメント (0)

2009.10.03

D90落下

今日、カメラ(Nikon D90)をコンクリートの床に落としてしまった……。
Lens Cracked
レンズキャップを付けた状態でレンズから落ち、レンズの外周に凹みができてしまった。二重の袋には入れていたんだが……。

中央付近はピントが合うけど、この凹み付近はボケボケに。新しいレンズ買わないとダメだな……。
まぁ標準ズームレンズなのでそんなに高いわけじゃないのだが、まだ買って3ヶ月も経っていなかったのでかなり凹んだ。カメラバッグ買おうかなぁ。

ってか、よく分からないけどカメラ本体の方にも何かあったらどうしよう。見た目は無傷だが……

| | コメント (2)

2009.10.01

放送大学 平成21年度 弟1学期試験

そういえば、放送大学の試験結果が帰ってきてました。
というわけで取ってた授業科目のメモ。

労働経済('08)
平成20年2学期試験では予定があったため受けられなかったため、再試験。まぁ普通に勉強していれば簡単な問題でした。
一般科目ではなく専門科目なんだから、もうちっと難しくてもいいのでは?

中央アジアの歴史・社会・文化('04)
持ち込み可のマークシート、しかも問題も超絶に易しくて拍子抜け。
教科書は、中央アジアの歴史を駆け足ながらも概観できてなかなか良かったです。ただ、担当教官によっては教科書棒読みするだけのヒドい回も見られて残念。

文化人類学('08)
授業では色々やったけど、試験はその表面的な部分だけで随分と簡単なものでした。
色々と面白い事例の紹介はあったけど、「で、文化人類学って結局なんなんじゃろ?」と考えるとよく分からんというのが正直なところ。

日本美術史('08)
この講義は、今まで取ってきた放送大学の授業の中でも、教科書の質と量・講義の濃さ・試験問題の難しさ、全てでトップレベルでした。間違いない。
ちょっとでも美術に興味があればこの授業は絶対に取るべき。オススメ度MAX。

ヨーロッパの歴史と文化('09)
授業は高校世界史レベルの内容だったのであまり難しくはなかったものの、試験は論述式が2問。持ち込み可だけども事前にきちんと調べて自分なりの答えを作っておかないと、その場で調べながらでは時間が足りなくてまったく間に合わない。
私が言うのもなんか偉そうですが、良い試験問題でしたね。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »