« 天野ゲーム博物館に行った | トップページ | 無線電波が弱い »

2008.12.25

UGSF-WEST アーケードゲーム博物館計画、開放日

12/23(火)に、前々から見に行きたいと思っていたUGSF-WESTさんの「アーケードゲーム博物館計画」開放日に初めて行ってきた。

JR宇都宮線で白岡駅まで行き、そこからバスで東小学校前で下車。バス停で降りたらまさに目の前なので、交通は便利。
バスが1時間に一本しかないけど、徳島県出身の田舎モンの私にとっては、むしろ多いくらいである。鉄道が3時間に一本とか普通にあるからな。
20081225ugsf
んで、ちょっとドキドキしながら入ってみたけど、雰囲気は非常にアットホームで良かった。スタッフの方も気さくに話しかけてくださり、安心。

中には様々なゲームが展示されていたが、やはりメインはギャラクシアン3。実物を産まれて初めて見たのだけど、これは確かに後世に残したくなる。何度かプレイさせて頂いて、「もしこれが会社そばのゲーセンにあったら、今でも毎日通うかもな……」と思うことしきり。
しかし、若い(?)私が2008年にこのゲームをプレイするなんて、スタッフの方たちの努力がなかったらあり得ないことだったわけで。そう思うと、本当に感謝。
最後には、スタッフの方々6名での熟練プレイを見せて頂いて、感動しっぱなし。いや、いいもん見せて頂きました。
やっぱりアーケードゲームはいいな!!(4倍角)


あと、プレイさせて頂いたもの。

*技脳体
3つのボールを奥に投げて、様々な能力を測定。
意外にシビアで、高得点が出せず……ちょっと悔しい。

*テクノドライブ
スタッフの方に勧められて、何度かプレイしてみた。しかし全く上手く行かず。ああ。練習あるのみだな
まぁ、やはり私は2Dシューターなので、ハンドル握るレースゲームはダメだ(言い訳)

*タイムトラベラー
これは、もはや若い人は知らない(私も若いが)、懐かしのLDゲーム。しかも画面はホログラム映像で、稼働しているのを見ることはもはや死ぬまで不可能かと思っていた。
うひょうひょ言いながらプレイさせて頂いたのだが、このゲームは完全覚えゲーなので、「面白いの?」と冷静に言われると……うーん(笑。

*STARBLADE
凹面鏡に投影する大型筐体のシューティングゲーム。恥ずかしながら、存在を知らなかった。なかなか面白い。
館内には3DO版も置かれていて、両方ともプレイさせて頂いた。15kHzのモニタは、もう手に入れるのが難しくなってきたね。X68000のディスプレイか、NECのPC-TVシリーズならまだ手に入りやすいかな。

*クレイジークライマー
これは、新宿のミカドにはまだあった気がするね。レバー2本で操作する、ニチブツの太古の名作。植木鉢を落とすんじゃない!
スタッフの方に、テーブル筐体の中も開けて見せて頂いた。基板環境は家にあるのだけど、テーブル筐体の中を見たのは初めて! ありがとうございます

*リッジレーサー
せっかくだからプレイさせて頂いたが、レースゲームが超絶にヘタクソな私は全然ダメだった。
思わず恥ずかしさを隠すために「ここでインド人を右に」と呟く。

*ギャラクシアン & パックマン
こちらはテーブルではなく専用筐体のアレ。立ってプレイするパックマンも、そういえば初めてな気がする。
太古の筐体のはずなのに、なんだか新鮮な気持ちに。


そんな感じで、非常に楽しい開放日だった。
前々から、私も「ゲーム博物館が作りたいなー。1Fには囲碁とかボードゲームなどのアナログゲームを置いて、2Fはピンボール。そして3Fはゲーセンっぽくして、上手い人を呼んでスーパープレイ上演とかもやろう」と戯れに思っていたのだが、まさにその理想の具現化。
本当に、今こうやって残しておかないと、数十年もしたら「誰もプレイできない、思い出にしか残っていない」ゲームってのが山ほどできてしまうわけだ。実際、アーケードゲームより歴史が古いピンボール台は、スクラップにされて世界から消えてしまった台もあるはず。
ということで、当blogではUGSF-WESTさんのアーケードゲーム博物館計画を全力で応援します

ちなみに帰宅後は、久々に基板とΣ9000TB+AV7000を引っ張り出してしまった。ゲーセン熱がさらに上昇。

|

« 天野ゲーム博物館に行った | トップページ | 無線電波が弱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天野ゲーム博物館に行った | トップページ | 無線電波が弱い »