« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

2008年度・面白かった本ベスト10

というわけで年末なので、恒例(?)の2008年に読んだ本ベスト10を発表しよう(去年の:2007年度・面白かった本ベスト10)。

ちなみに私は、新刊は全くと言っていいほど読まないので、このベスト10は「2008年に発売された本」ではなく「2008年に私が読んだ本」のベスト10です。あしからず。

-----------------------------------------
■1位:とよ田みのる: FLIP-FLAP
TOPに迷ったが、やはりこのマンガを挙げたい。「ピンボールラブコメ漫画」という一言では語り尽くせぬ、素晴らしき物語。
今までピンボールには漠然とした興味しか無かったが、私もすっかりピンボールファンとなってしまったよ。全日本国民が必読。


■2位:亀井高孝, 桂川甫周: 北槎聞略―大黒屋光太夫ロシア漂流記
江戸時代のロシア漂流記。とてつもなくデカいスケールの大冒険記は、歴史資料としても貴重であり、単純に読み物としても楽しめる絶品。
書物という物のありがたさがよく分かる。後世に残すためにも、是非皆も読め。


■3位:村上春樹: 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
恥ずかしながら、今さら読んだ。最初の数ページはあまり面白くなく、「ハズレを引いたかなぁ……つまらない」と思っていたが、いつの間にか物語へとどっぷり引き込まれていたよ。
いきなり鷲掴みにされるのではなく、じわじわと虜にされる小説だ。ちょっとした小道具など隅々まで手抜きが無く、素晴らしい。


■4位:吉田戦車: なめこインサマー
超絶爆笑の絵入りエッセイ。やはり吉田戦車は天才。
こういう本を楽しんで読めない人間には、一生、近づきたくないもんだ


■5位:田中圭一: サラリーマン田中K一がゆく!
とてつもなく下品でとてつもなく笑えるサラリーマンギャグ漫画だが、しかしその底にはとてつもなく真面目なストーリーが一本通っている。
疲れたサラリーマンにオススメの一冊。


■6位:アーサー・C. クラーク: 2010年宇宙の旅
有名な2001年宇宙の旅の続編。しかしこっちの方が圧倒的に面白かった。
惑星内の描写などが実に詳細で、まさしく"Science"小説。2001年よりも取っつきやすいし、皆も読むべき。


■7位:ケストナー: 飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)
少年たちと、大人の友情物語。
こういう小説を楽しめないような、汚い心の大人にはなりたくないなと再確認。


■8位:とりかへばや物語 1 春の巻
姫君として育てられた男の子と、若君として育てられた兄妹の宮中物語。平安時代の成立なのに、実に現代的かつ先進的な話に驚愕した。
ちなみに表題の「とりかへばや」は、古語で「取り替えたい」という意味。父親の心中の嘆きだ


■9位:広瀬正: マイナス・ゼロ
タイムスリップ小説。昭和初期へと時間遡航を行い、様々な騒動をぴたりぴたりと解決していく心地よさ。
最近、復刊したらしく文庫で簡単に手に入る模様。みんな買え。


■10位:椎名誠: 極北の狩人
シーナさんの北極圏ルポ。DVDが添付されており、その裏話が本の方で楽しめる。
旅人として達人の方なだけに、素直かつ深いルポが楽しめた。


■11位:尾崎紅葉: 金色夜叉
「来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから」でお馴染みの貫一金融小説(?)。やはり古い小説なのでちょっと文体にてこずったけど、中身は実に(いい意味で)通俗的で面白かった。
しっかしこの作品から100年たっても、高利貸しはサラ金から消費者金融と名前を変えて未だに生き残っているな。尾崎紅葉が今の日本を見たら、どう思うんだろ。


■12位:赤木智弘: 若者を見殺しにする国 - 私を戦争に向かわせるものは何か
"「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。"の方の本。細かい部分にツッコミ所は山ほどあるが、総論賛成。もう、今の「高齢者による若者いじめ」っぷりは、このくらいガンガン発言してくれないと突破できないよ。
しっかし、私も人生のうちで一度くらいは、好景気という奴を体験してみたいもんじゃのぅ。30年近くも続く好景気の中で働き続けてきたなんて、今の高齢者は本当に運のいい世代なんだなぁ。
-----------------------------------------

気が付いたら、ベスト10のはずなのに12位まである。まぁ気にしない方向で。
来年も面白い本に巡り会えますよーに。

| | コメント (0)

2008.12.30

無線電波が弱い

今まではMac miniにGW-US54GXSを刺して使っていたのだが、どうも電波が弱いので中継用(ブリッジ)のAirStatinを買ってみた。

*今まで
[ADSL]--[AirStation]))))|壁|)))[GW-US54GXS + Mac mini]

*これから
[ADSL]--[AirStation]))))|壁|)))[AirStation]--[Mac mini]

これでMac mini-AirStation間は有線にしたし少し良くなるかと思ったが……うーん、どうもWebブラウジング中に引っかかるような通信断が多く、むしろ電波が悪くなった気がする。あんなちっぽけなUSB無線LANアダプタの方が性能いいのか?
PLCの方が良かったのかなぁ。無駄金を使ってしまった。凹む

[追記]
・親機のファームをバージョンUPした
・子機の位置を少し高くして壁にぴったりくっつけた
・子機の無線モードを11g/11b自動にしてたけど、親機は11bのみ対応なので子機も11b固定にした
その他いろいろいじってみたら良くなった。一気に色々やりすぎたので、何が効いたのかは不明。

| | コメント (0)

2008.12.25

UGSF-WEST アーケードゲーム博物館計画、開放日

12/23(火)に、前々から見に行きたいと思っていたUGSF-WESTさんの「アーケードゲーム博物館計画」開放日に初めて行ってきた。

JR宇都宮線で白岡駅まで行き、そこからバスで東小学校前で下車。バス停で降りたらまさに目の前なので、交通は便利。
バスが1時間に一本しかないけど、徳島県出身の田舎モンの私にとっては、むしろ多いくらいである。鉄道が3時間に一本とか普通にあるからな。
20081225ugsf
んで、ちょっとドキドキしながら入ってみたけど、雰囲気は非常にアットホームで良かった。スタッフの方も気さくに話しかけてくださり、安心。

中には様々なゲームが展示されていたが、やはりメインはギャラクシアン3。実物を産まれて初めて見たのだけど、これは確かに後世に残したくなる。何度かプレイさせて頂いて、「もしこれが会社そばのゲーセンにあったら、今でも毎日通うかもな……」と思うことしきり。
しかし、若い(?)私が2008年にこのゲームをプレイするなんて、スタッフの方たちの努力がなかったらあり得ないことだったわけで。そう思うと、本当に感謝。
最後には、スタッフの方々6名での熟練プレイを見せて頂いて、感動しっぱなし。いや、いいもん見せて頂きました。
やっぱりアーケードゲームはいいな!!(4倍角)


あと、プレイさせて頂いたもの。

*技脳体
3つのボールを奥に投げて、様々な能力を測定。
意外にシビアで、高得点が出せず……ちょっと悔しい。

*テクノドライブ
スタッフの方に勧められて、何度かプレイしてみた。しかし全く上手く行かず。ああ。練習あるのみだな
まぁ、やはり私は2Dシューターなので、ハンドル握るレースゲームはダメだ(言い訳)

*タイムトラベラー
これは、もはや若い人は知らない(私も若いが)、懐かしのLDゲーム。しかも画面はホログラム映像で、稼働しているのを見ることはもはや死ぬまで不可能かと思っていた。
うひょうひょ言いながらプレイさせて頂いたのだが、このゲームは完全覚えゲーなので、「面白いの?」と冷静に言われると……うーん(笑。

*STARBLADE
凹面鏡に投影する大型筐体のシューティングゲーム。恥ずかしながら、存在を知らなかった。なかなか面白い。
館内には3DO版も置かれていて、両方ともプレイさせて頂いた。15kHzのモニタは、もう手に入れるのが難しくなってきたね。X68000のディスプレイか、NECのPC-TVシリーズならまだ手に入りやすいかな。

*クレイジークライマー
これは、新宿のミカドにはまだあった気がするね。レバー2本で操作する、ニチブツの太古の名作。植木鉢を落とすんじゃない!
スタッフの方に、テーブル筐体の中も開けて見せて頂いた。基板環境は家にあるのだけど、テーブル筐体の中を見たのは初めて! ありがとうございます

*リッジレーサー
せっかくだからプレイさせて頂いたが、レースゲームが超絶にヘタクソな私は全然ダメだった。
思わず恥ずかしさを隠すために「ここでインド人を右に」と呟く。

*ギャラクシアン & パックマン
こちらはテーブルではなく専用筐体のアレ。立ってプレイするパックマンも、そういえば初めてな気がする。
太古の筐体のはずなのに、なんだか新鮮な気持ちに。


そんな感じで、非常に楽しい開放日だった。
前々から、私も「ゲーム博物館が作りたいなー。1Fには囲碁とかボードゲームなどのアナログゲームを置いて、2Fはピンボール。そして3Fはゲーセンっぽくして、上手い人を呼んでスーパープレイ上演とかもやろう」と戯れに思っていたのだが、まさにその理想の具現化。
本当に、今こうやって残しておかないと、数十年もしたら「誰もプレイできない、思い出にしか残っていない」ゲームってのが山ほどできてしまうわけだ。実際、アーケードゲームより歴史が古いピンボール台は、スクラップにされて世界から消えてしまった台もあるはず。
ということで、当blogではUGSF-WESTさんのアーケードゲーム博物館計画を全力で応援します

ちなみに帰宅後は、久々に基板とΣ9000TB+AV7000を引っ張り出してしまった。ゲーセン熱がさらに上昇。

| | コメント (0)

2008.12.24

天野ゲーム博物館に行った

そういえば先日、愛知県にある天野ゲーム博物館に行ってきた。
ので記録。

■行き方
名古屋鉄道の西尾線、西尾駅が最寄り駅である。
東京方面からならばJR豊橋駅まで行き、そこで名鉄に乗り換えて[豊橋]→[新安城]→[西尾]が妥当。

ちなみに私は新幹線なんて軟弱な物は使わず、鈍行で行った。
18きっぷシーズンでなくても、JR東海の休日乗り放題きっぷが使えるので安いよ

20081224game
西尾駅で降りたら、北西側(ファミリータウンミカと逆側)に歩いて行けば、左手にすぐ見つかる。

20081224game2
おお!! 感動

■館内
中は所狭しとビデオゲームが並び、レトロゲーマー感涙物の聖地。ここは天国かと思った。
もちろん、グラディウスも全シリーズがずらり勢ぞろい。昔は大阪のQT(キューティ)にもあったのに潰れてしまったんだよな……。さっそくグラ1からプレイさせて頂いた。

さらに嬉しそうに中をうろうろしていると、館長の奥さまが話しかけてきてくれて、色々とお話を伺った。元々は天野スポーツというスポーツ用品店だったことなど、興味津々。
そして、館長のインタビューが掲載されたタウン誌も頂いた。恐縮です

実は奥には隔離されたVIPルームがあり、そこにはさらにレアなレトロゲーが並べられているのだけど、ここは館長の面接(?)を受けて合格しないと入室が許されない。
ちょっと勇気が出なくて見送ってしまったのだが、うーん、やっぱりチャレンジさせてもらえば良かった。次に行った時にお願いしよう

いや、しかし本当に楽しかった。ありがとうございます。
私もゲーム博物館を作りたいなーと漠然と思っていたけど、まさに実現されている方を目の前にして感涙。今残しておかないと、ホントに10年後くらいには全部壊れて捨てられてしまうんだよ

というわけで、日本中のアーケーダーは愛知県の天野ゲーム博物館に必ず行くように。ここに行かずして、何がゲーマーか。

なおググってみたところ、げーまー的ダッシュさんの記事「忘れてかけていた昔のゲーセンが、そこにあった。」に店内の様子が掲載されているようです。

| | コメント (0)

2008.12.20

Apache2が勝手に付けてくれるchunkedを止める

Apache 2.xは、CGIのヘッダにTransfer-Encoding: chunkedを勝手に付けてくれるのだが、これが場合によっては困る。
クライアントにHTTP/1.0で取ってきてもらえばいいのだが(HTTP 1.0にはchunkedは無いから)、強制するわけにもいかんのでサーバ側でchunkedをしないようにしたい。

で、以下のように Content-Length: を先に計算してレスポンスヘッダを吐いてしまえば、chunkedにならないことを発見した。解決。

#!/usr/pkg/bin/perl

my $data = "AAAAAA\n";
$data .= "BBBBBB\n";
......

print "Content-Type: text/html\n";
print "Content-Length: ", length($data), "\n";
print "\n";

print $data;

| | コメント (0)

2008.12.15

練馬区立美術館で石田徹也展

今日は、練馬区立美術館で石田徹也―僕たちの自画像―展を見てきた。
以前にNHKの日曜美術館だったかで見て、気になっていた画家だ

「飛べなくなった人」と、「無題」のベッドが川にかかる橋になっている絵が良かった。ガソリンスタンドの給油のような道具で食事する「燃料補給のような食事」も面白い。
創作ノートも展示されていて、「安部公房の〜」という記述があった。なるほどー。でも安部公房とはちょっと違う雰囲気だけどな。しかしまぁ、見に行って良かった。

帰りに、池袋のリブロとジュンク堂で本を探すが見つからず帰宅。

| | コメント (6)

2008.12.10

ジェネリック薬品

昨日はひどく体調が悪くなったので近所のかかりつけ医に行ったら、インフルエンザの検査をしてくれた。結果は陰性。
しかし、たった10分ほどで分かるとはすごいな。

ということで風邪薬が出たのだが、いつものトーワチームではなくPL顆粒という奴になった。
見た目がそっくりなのでジェネリック薬品かと思っていたら、なんと逆で、トーワチームがPL顆粒のジェネリックだった。へぇ。

まぁ私は化学式しか信じない男なので、もっとジェネリック寄こせって感じです。オチはありません。

しかし、体がよわよわな私は、本当に信じられないほどしょっちゅう風邪を引く。月1,2くらい。
休みが全然足りないね。やっぱり私に勤め人はムリだね。

| | コメント (2)

2008.12.03

sh系シェルスクリプトで空のif文はエラーになる

今ごろ知ったのだが、sh系シェルスクリプトでif文の中身を空行やコメント行のみなど空っぽにすると、エラーになる。

*空のif文でエラー
---------------------------------------------------
#!/bin/sh

if [ 'a' = 'a' ]; then
fi

[ozuma@macmini ozuma]$ ./go.sh
./go.sh: line 4: syntax error near unexpected token `fi'
./go.sh: line 4: `fi'
---------------------------------------------------


*コメントアウト行のみでもエラー
---------------------------------------------------
#!/bin/sh

if [ 'a' = 'a' ]; then
#echo 'OK'
fi

[ozuma@macmini ozuma]$ ./go.sh
./go.sh: line 5: syntax error near unexpected token `fi'
./go.sh: line 5: `fi'
---------------------------------------------------


*cshなら大丈夫
---------------------------------------------------
#!/bin/csh

if ( 'a' == 'a' ) then
endif

[ozuma@macmini ozuma]$ ./go.sh
[ozuma@macmini ozuma]$
---------------------------------------------------

何故だろう? 仕組みがいまいちよく分からん。
ちなみに最近のLinuxではshはbashそのものなので、Solarisの素のshも使ってみたが同様だった。

まぁ空のif文は書かないコーディング規約にしていても、元々バッチなどで用意されていた機能をコメントアウトして、ifの中身がコメント行のみになってしまうと途端にerrorになる。ので微妙にハマることがある

ちなみに、どうしても空のif文を作りたければ、builtin(1)で用意されているヌルコマンド : を使えば良い。

*コロンを使った空のif文
---------------------------------------------------
#!/bin/sh

if [ 'a' = 'a' ]; then
:
fi
---------------------------------------------------

詳しくは、$ man sh せよ

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »