« 練馬区立美術館で石田徹也展 | トップページ | 天野ゲーム博物館に行った »

2008.12.20

Apache2が勝手に付けてくれるchunkedを止める

Apache 2.xは、CGIのヘッダにTransfer-Encoding: chunkedを勝手に付けてくれるのだが、これが場合によっては困る。
クライアントにHTTP/1.0で取ってきてもらえばいいのだが(HTTP 1.0にはchunkedは無いから)、強制するわけにもいかんのでサーバ側でchunkedをしないようにしたい。

で、以下のように Content-Length: を先に計算してレスポンスヘッダを吐いてしまえば、chunkedにならないことを発見した。解決。

#!/usr/pkg/bin/perl

my $data = "AAAAAA\n";
$data .= "BBBBBB\n";
......

print "Content-Type: text/html\n";
print "Content-Length: ", length($data), "\n";
print "\n";

print $data;

|

« 練馬区立美術館で石田徹也展 | トップページ | 天野ゲーム博物館に行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練馬区立美術館で石田徹也展 | トップページ | 天野ゲーム博物館に行った »