« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008.08.31

洗濯機を捨てた途端に洗濯機が壊れた。

引っ越して一週間で、洗濯機が壊れた。

マ、マジかよーーー。10日ほど前に、家電リサイクル法にのっとって大変な手間をかけて洗濯機を一つ捨てたトコロなのに……。
なんか、本気で私には不運の神が憑いてるんじゃなかろうか。

ということで急いでヤマダ電機に買いに行ったのだが、即日配達はムリと断られた。早起きして午前中に行ったのだが残念。
しかたがないので火曜日の配送にしてもらったのだが、
ヤマダ:「火曜日のいつになるかは指定できません」
私:「え、えー? 午前か午後かすら指定できないの?」
ヤマダ:「はい」
ということで、結局、火曜日に会社を休んで洗濯機を待つことに……なんか、先々週もこんなことあったな。

もう少し、幸運というものが欲しいのぅ。

| | コメント (0)

コロー展に行って常設展だけ見て帰ってきた

土曜日、コロー展を見に国立西洋美術館に行ってきた……のだが、突然のあまりの土砂降りで時間ギリギリになった&混雑っぷりにメゲて、常設展だけ見てきた。
西洋美術館の常設展は、学生料金だと130円と激安なのだ。放送大学の学生で良かった。

ギュスターヴ・ドレの、「ラ・シエスタ スペインの思い出」が良かったな。あれだけの作品数で130円とは、超満足。
しかし帰りに絵ハガキを買おうとしたが、気に入った作品のは無くてガッカリ。

| | コメント (0)

2008.08.24

また引っ越しました

またもや引っ越した。まぁ、前の家から徒歩10分くらいの所だが……。

さすがに距離が近いので、デカいもの(こたつと衣装ケース)だけクロネコヤマトの家財宅急便で送り、それ以外は全て自分で運んだ。
もちろん私は車を持っていないので、キャリーカートを使って全て手で。さすがに疲れたな……。

ちなみに大阪と関東では、賃貸の仕組みが違うので、少し書いておこう。

関東では契約時に敷金と礼金を払うが、大阪では保証金と敷引(しきびき)という概念になっている。
ちと分かりにくいのだが、払う額としては保証金の額。で、解約時には保証金から敷引を引いた額が戻ってくる。

つまり金額だけ見れば、
> 敷金=保証金−敷引
> 礼金=敷引
ということになる。

相場として、東京では敷金・礼金は家賃換算2・2が普通だけど、大阪では保証金・敷引は6・3が普通だったりする。

あと、意外に知らない人が多いけど、大阪の賃貸には更新料というものが存在しない。何年住んでも、払うのは賃料だけなのだ。
エセ関西人の私はそれが当たり前だと思っていたので、関東で初めて賃貸マンションを借りたら更新料というものが出てきて、腰を抜かすほど驚いた。ってか最初は、更新料ってのはこっちがもらえるものかと本気で思っていた。
契約を継続してあげるんだから、そのお礼に賃料1ヶ月をタダにします、って制度かと。こっちが払うと聞いて、心底ビビったよ。

なんでみんな、あれを当たり前だと思ってるんだろ? 大阪人なら暴動が起きるぞ。
せめて大家と折半して、50:50(家賃0.5ヶ月ぶん)にすべきだと思うな。

| | コメント (0)

2008.08.03

放送大学試験期間終了(H20年1学期)

放送大学の試験が全て終わった。のでメモと感想。

基礎教育学
平日の試験だったので、会社休んで受けてきた。

重箱の隅を突っつくような問題とか、クイズ的な出題が多かったなぁ。まぁだいたいできたから、これは通ってるでしょう
ちなみにこの科目は教材の単なる棒読みが多いので、私のように資格試験の科目免除に使うのでなければ、あんまりオススメできない。


生涯学習と自己実現
論述式。ここ20年ほどの日本の生涯学習政策について述べよ(800文字)。
まぁだいたい書けたからOKかな。
この科目は、内容も盛りだくさんで、色々と勉強になった。日本国民は全て受けるべき(言い過ぎか)。


情報技術と社会
中間課題は楽勝だったので舐めてたら、期末はやたら難しかった……。特に記号論はムズいな。
最後のタートル使ったプログラミングは、さすがに私の本職(?)なので楽勝だった。

ちなみに第15回の講義を見ていて思ったのだが、実は大岩先生と辰己先生は仲が悪いんじゃなかろうか(笑。


今回受けたのが全部合格なら、今までに単位取ったのと合わせて学芸員資格認定試験が全科目免除になる。
まぁ、今年のぶんには間に合わないけど。

あと、後期の履修登録を今週中にしないといけない。とりあえず色々見て、以下の3つにした。
労働経済
精神分析入門
数理モデルとカオス

いじょ。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »