« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.23

世田谷美術館に行った

そういえば先日、世田谷美術館に行った

世田谷美術館へは、二子玉川駅からバスが出ているのだが、玉川病院と成育医療センターを経由して超大回りするので利用者は少ない。
実際、二子玉川から美術館まで乗ったのは私一人だけだった。なんか、いつもこんなんだな。

企画展は、「建築がみる夢 石山修武と12の物語」。しかし行ってから気が付いたが(先に気が付けよ)、私はそもそも現代建築に全く興味がないので、特にピンと来るモノは無かったかなぁ。
2Fの収蔵品展の方で見た、矢吹申彦「夜の魚」は素晴らしかった。夜空をバックに真っ赤な鯉が泳いでいる姿が、安部公房の「水中都市」を思わせる。まぁあっちは、おっさんがぶくぶく太って魚になるわけだが……。
しかし、ミュージアムショップには絵ハガキなどは売っておらずガッカリ。

まぁ収蔵品展だけなら150円なので、また来週も見に行こう。あの絵、コピーの複製でいいから欲しいなぁ。

ちなみに帰りも、美術館から二子玉川行きのバスに乗ったのは私一人だけだった。自家用車は禁止にして、路面電車とバスにすればいいのに。
日本の交通政策のダメダメさを感じてしまったやね

| | コメント (0)

2008.07.20

逓信総合博物館に行った

切手マニアと変貌した最近の私は、逓信総合博物館(ていぱーく)に行ってきた。
20080720teipark
NTT、NHK、日本郵政の3機関が共同運営している博物館だ

NHKの部分は、単なる宣伝という印象が強くて微妙だったなー。
NTTは、ケーブル類とか実際に使われていた交換機などがあって面白かった。
日本郵政も、古い切手自販機など興味深いものが多々。

で、メインの切手コレクションがすごかった。ひたすら無造作に引き出しパネルがずらりと並んでいて、量がもんのすごい。とても一日では見切れんかった。
ただ、解説などはあまり無いので、本当に切手に興味がないとすぐ退屈しそうだったねぇ

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »