« 毛嚢炎 | トップページ | 放送大学試験期間終了 »

2008.01.24

Safariの異常な重さはIPv6が原因だった

今まで3年間近く、「なんかSafariは遅いよなぁ、特に大量の画像があるページとか異常に引っかかる感じ……」と思って使い続けていた。
長らくこれはSafariのレンダリングエンジンがゴミなのかと思ってたのだが、最近、ようやくその原因が分かった。どうやらLeopard+Safariで出るようなのだが、うちのPowerPCなmac mini(Tiger)+Safariでも同じだった。

20080124v6

ネットワークの設定で、IPv6はデフォルトで「自動」になっている。これを「切」にするのだ。
たったこれだけで、はっきり体感速度が上昇した。なんてこった……。

っつーか、この3年間、待ち続けた時間を考えると凹む。もっと早く知っておくべきであった。
「MacOSXではIPv6は切るのがデフォ!!」と肝に銘じて置こう

|

« 毛嚢炎 | トップページ | 放送大学試験期間終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毛嚢炎 | トップページ | 放送大学試験期間終了 »