« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.29

2007年度・面白かった本ベスト10

年末なので、何かしようと思った。

で、そういえば読書日記の引っ越しをしたし、「2007年度の面白本ベスト10」を発表しようと思う。
ちなみにこの2007年度とは、「2007年に出版された本」ではなく、「2007年に私が読んだ本」である。

----------------------------

■1位:アラン・ムーアヘッド: 恐るべき空白
もう、文句なしに今年一番のオモシロ本はこれ!! 19世紀にオーストラリアの灼熱砂漠を縦断した男達の物語だが、その冒険は本当にすさまじい。
出不精のゲームオタクだった私が、やたらと山やハイキングコースを歩くようになったのも、この本のおかげだろう。いつかはオーストラリアに行って、実際に砂漠を歩いてみたいものだ。


■2位:谷川流: 涼宮ハルヒの溜息
いきなり軟派な本で恐縮だが、いやしかしこれは面白い! ただのライトノベルだと馬鹿にしていると痛い目に遭う。
普通に語れば、映画制作の学園ドタバタ物……という腐るほど過去にもあったテーマだが、これは既存のそれら作品群とは一線を画す出来である。同じ学園祭モノということで、「うる星やつら2 - ビューティフルドリーマー」と合わせて誰かに語って頂きたいものだ。

ちなみにこの本はシリーズ物の2作目なので、第一作の「涼宮ハルヒの憂鬱」からお読みください。
第一作は、SF読みにはちょっとイマイチなんだけど、ガマンしてこの第二作まで読んでくだされ


■3位:鎌田慧: 自動車絶望工場 ある季節工の日記
これは以前にblogにも書いた(自動車絶望工場を読んだ)が、トヨタ自動車の期間工として働いた著者の、壮絶なルポ。日本中のあらゆる労働者は読むべきだ。
私のクルマ嫌いを加速させた本でもあろう。もう、自家用車なんて、法律で禁止していいと思う。


■4位:村上春樹: 遠い太鼓
村上春樹のエッセイは結構読んだが、これが一番分厚く、そして一番面白かった。
外国生活エッセイ、日本に疲れた人にオススメ。


■5位:光瀬龍, 萩尾望都: 百億の昼と千億の夜
少女漫画だけど、中身は壮大なSFだ。カプセル市民とか大破壊後の東京とか、色々と楽しめる。
うーむ、しかしこう書いていて、ラストシーンを忘れてしまった。読み直さないといかんな


■6位:竹山道雄: ビルマの竪琴
まぁ、私ごときが今さら語ることもないだろう。確かに名作だー。


■7位:竹宮惠子: 風と木の詩
全10巻となかなか長かったが、一気に読んでしまった。
フランスのラコンブラード学院で繰り広げられる少年達の物語なわけだが、主人公のセルジュにジルベール、とぼけたいい奴のパスカル、総監のロスマリネと、キャラクターは実に魅力的。
ストーリーも途中でダレたりすること一切無く、素晴らしい勢いで駆け抜けるかのような怒濤の物語であった。


■8位:須川邦彦: 無人島に生きる十六人
「十六おじさん漂流記」とでも言うべき、明治時代に太平洋で漂流、無人島に流れ着いた男達の物語。
みんな明るく前向きに生きていく姿が素晴らしい。根性の曲がった奴は読まないで欲しい本やね。


■9位ジュール・ヴェルヌ: 八十日間世界一周
えらい古典的なものを今さらだが、しかしこれは面白い。当時の日本の描写も興味深く、最後のどんでん返し(?)もベタながら劇的。
21世紀になっても全く色褪せない作品だ。


■10位:タニス・リー: 銀色の恋人
ロボットに恋した少女の物語……と書くといかにも少女漫画っぽいストーリーだが、中身は結構なSFだ。ロボットSFと分類して良かろう。クローヴィスの摩訶不思議なセリフ回しなども注目点。
ちなみに続編もあるらしいが、そちらは評判よろしくないので読んでない。


■11位:林丈二: ガラクタ道楽
明治・大正期の新聞広告を紹介しながら、当時の様々なモノをカラー写真付きで。
最近はすっかり懐古趣味の私には、非常に面白い本だった。

----------------------------

気が付いたら、ベスト10のはずなのに11位まであるな。まぁいいや。
来年も面白い本に巡り会えますよーに。

| | コメント (0)

バルバロッサをやった

悪友・ボンド氏の家で、久々にバルバロッサをやった。
20071229game
付属の矢はチャチいので、爪楊枝で代用。

私が昔(今から11年ほど前……)にプレイしたASS版は付属している粘土が激しく手に厳しいものだったので、その時は小麦粘土を使ったのだが、2005年版のは非油性な粘土が付属していた。
これは手に付かないし、全くと言っていいほどベタ付かない。大変良い粘土だったので、そのまま使ってプレイした。

「バルバロッサに付属している粘土はダメ」「いや、付属の粘土の質はいいよ」という説が入り乱れている理由が分かったよ。昔はダメだったが、2005年版(最新版)のはOK、が正解っぽい。

ちなみに、ryo氏が作った「四国」は、反則スレスレであった。

| | コメント (0)

2007.12.24

演奏会に行った:成城大学

友人がビオラで出てるので、演奏会に行ってきたよ。

成城大学レストロ・アルモニコ管弦楽団 第39回定期演奏会

曲目は、
*モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
*グリーグ:ノルウェー舞曲
*ブラームス:交響曲第2番
だった。

ちょっと緊張していた(?)のか、OuvertureではVnにおそるおそる感があったものの、Norwegian Dancesの第二楽章くらいからかなり良くなってきた(偉そうな書き方ですまん)。
アンコールでは、コントラバスをくるくる回しだしたのにはビビった。すごく。

まぁそんなわけで、大学を卒業してウン年経つ私から見ると、やはり若々しいオケであった……。
あと、成城学園の50周年記念ホールは、立ち上がっても勝手に戻らない椅子なので快適だった。バネで勝手に戻る椅子が苦手なのだよ。


終了後、新宿のイエローサブマリンでボードゲームを探索してから帰宅した。
ちなみに[魔笛]ということで、パパゲーノの"Der Vogelfänger bin ich ja"(おいらは鳥刺し)の面白いアレンジをYouTubeで見つけた。
http://www.youtube.com/watch?v=cxBWMi5WcJw
ソプラニーノリコーダーでやっているのだが、これは面白いなぁ。

| | コメント (0)

2007.12.23

ココログプラスをやめました。

なんか最近、経費削減とやたらうるさいので(ぷ、ココログプラスに450円/月払うのがもったいなくなってしまった。
っつーことで、今日色々といじってみて、ココログプラスをやめてココログベーシックにしてみた。

今まで読書日記も付けてたからプラスにしてたんだけど(ベーシックではblogは1つだけ、プラスでは3つ作れる)、ちょうどいい機会なので読書日記はココログフリーに移行させてみたよ。
ozumaの本棚

ココログフリーは初めて使ってみたけど、やたら高性能だ。やりたいカスタマイズはほとんど全部できたし。
ココログプラスで書き出したデータも、クリック一発で全部読み込んでくれた。移行は楽勝だ。

それにログイン操作するドメインが、ココログは.cocolog-nifty.comでココログフリーは.f.cocolog-nifty.comとサブドメインが切ってあるので、うまくCookieも共存できるようだ。実際、同一ブラウザでそれぞれに同時ログインしても平気だった。
ただ、先頭記事に"Sponsored Link"が入るのがウザいなー。これさえ無ければ完璧だ。まぁ、それやったら無料じゃなくなりそうだけど。

| | コメント (1)

2007.12.17

東京都美術館:フィラデルフィア美術館展を見てきた

上野の東京都美術館で、フィラデルフィア美術館展をやっていたので見てきた。

19世紀から20世紀までの西洋美術史を辿るという趣向で、写実から印象、キュビズム→シュールレアリスムと色々と揃っていてなかなか面白かったよ。印象に残ったのは、ルノワール「ルグラン嬢の肖像」、パウル・クレー「魚の魔術」、マグリット「六大元素」かな
キリコの絵も一枚あった。「占い師の報酬」。キリコの絵は実は初めて見たので満足した。

……が、館内はとてつもない混雑で、落ち着いて見られる状態ではなかった。
うーん、いくらなんでもあれは、人多すぎじゃのぅ。

| | コメント (0)

2007.12.14

ふたご座流星群

22:20〜22:30の10分間で、オリオン座の左側あたりに2発、左上あたりに1発見えた。
今日は空も澄んでいたし、結構見えやすかったようだ。

2007年12月 ふたご座流星群を眺めようキャンペーン:国立天文台

| | コメント (0)

2007.12.02

大阪の交通科学博物館に行った

大学時代の先輩の就職祝い(?)を兼ねて、大阪に帰ってた。

*12/1(土)
tadawoさんの引越&就職祝いにクッキーを送る。
その後、悪友Ninjaの家でカルカソンヌをやった。
20071202kotsu
草原をうまく繋げて、見事に1位get(黄色)。


*12/2(日)
J氏と共に、交通科学博物館に行った。鉄道関連のモノが山ほどある。
20071202kotsu2
弁天町駅から徒歩すぐ。
20071202kotsu3
11:00と14:30からのミュージアム体験ツアーという奴で、旧客車の中に入れる。木造でたまらん。
20071202kotsu4
スシ28形食堂車、マロネフ59形寝台車、キハ81形とかもある。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »