« デジポケは想像を超えるボッタクリシステムでした。 | トップページ | 熱狂の日2007 »

2007.05.05

青梅丘陵ハイキングコース

最近は運動不足なので、青梅駅まで行って青梅丘陵ハイキングコースを歩いて来ようと思った。
JR青梅線にはまだ乗ったことが無いし、ちょうどいいので武蔵溝ノ口駅から出発。

まぁ歩くことについては、そんなに不安はない。大学の頃は、箕面駅から北千里の向こう側まで、平気で毎日自転車漕いでたしね
(しかし集団行動が嫌いなので、私はスポーツは大嫌い。マラソンは可)

南武線で立川まで行ってから、JR青梅線に乗り換える。青梅駅はレトロな感じ……というか、ムリにレトロな感じを出そうとして少しわざとらしい雰囲気だった。
ちなみに青梅駅から先、奥多摩方面は無人駅が続くローカル線の風情だ。東京からこんな近いところにもう無人駅があるんやね


青梅駅を出て、鉄道記念公園を通って山の中に入る。途中の道は、黒澤明の映画「羅生門」に出てきそうな感じだ。
20070505oume
うおー、なんかここで黒澤映画が撮れそうだ!と一人で少し興奮した。

とりあえず1時間ほど歩いて、コースはまだまだ続くのだが、宮ノ平駅から帰ることにしてメインコースを外れた。
本コースから支線に別れて宮ノ平駅に向かうのだが、その分岐から駅まではかなり距離があるし(30分くらい)、途中は結構暗くて狭いところを通ったりするので、ちょっと不安になった。ここを選んだのは私一人だったので、辺りもすごい静かだし。

私は青梅から宮ノ平に向かったのだが、逆に宮ノ平駅から出発して青梅駅へ向かうと、いきなり暗い道でメゲそうになると思う。
コースとしては青梅駅から向かうことをオススメしたい。

宮ノ平駅は無人駅だったが、例の簡易Suica改札があるのでSuica通して帰宅した。
青梅丘陵ハイキングコースはJR青梅線に沿っているので、「ここでやめよう」と思った時点で駅に向かえば距離を調節できる。なかなか便利コースだ

|

« デジポケは想像を超えるボッタクリシステムでした。 | トップページ | 熱狂の日2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2189/14956260

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅丘陵ハイキングコース:

« デジポケは想像を超えるボッタクリシステムでした。 | トップページ | 熱狂の日2007 »