« 大阪→東京を鈍行で移動(中央線経由) | トップページ | インターネットの力で図書館がスゴいことになった。 »

2007.03.25

中村宏展を見に行った

東京都現代美術館に行ってきた。
中村宏|図画事件 1953-2007

この画家は知らなかったのだが、品川の源氏前図書館にポスターが貼ってあって、ちょっと不気味な感じが気に入ったので見てきたよ

有名な「円環列車・A - 望遠鏡列車」と「円環列車・B - 飛行する蒸気機関車」の2作や、シュールレアリスティックな「少女舟」などの一連のシリーズは、やはり目の前で見るとかなりの妖しい魅力。
60年代学生運動の頃の雑誌挿絵も多く、なかなか面白かった。4/1までだから、もう一度くらい行ってもいいな。

|

« 大阪→東京を鈍行で移動(中央線経由) | トップページ | インターネットの力で図書館がスゴいことになった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村宏展を見に行った:

» 常に前衛を描く:「中村宏 図画事件」 [Beautiful Noise]
 中村宏さんは、70歳を過ぎた現在も精力的に創作活動を続けている画家です。現在東京都現代美術館で開催中の「中村宏|図画事件 1953-2007」は、中村さんの50年以上に渡る活動をみることができる壮観な展覧会です。  時系列に展示された作品をみていくと、一貫した作風はなく、年代とともに表現形式は様々に変化をみせています。鑑賞者の立場でからは、作品そのものは刺激的で面白いのですが、画家の意図を推し量るのが、ちょっと大変。  美術館のWEBにあるMot The Radioで、中村さん自信が作品につい... [続きを読む]

受信: 2007.03.29 23:02

« 大阪→東京を鈍行で移動(中央線経由) | トップページ | インターネットの力で図書館がスゴいことになった。 »