« Solaris10/11のtelnetd脆弱性 | トップページ | ドリームキャストは終わらない:トリガーハートエグゼリカ購入。 »

2007.02.24

積んでいた「魔笛」のLDをやっと見た

大阪にいた頃、レーザーディスクにハマって中古LDを買い集めていたので、いまだに結構未聴のものがある。
20070223magicflute
とりあえず、長いこと見ずに放っておいたモーツァルトの歌劇(オペラ)「魔笛」を先日にようやく鑑賞したよ。
今まで音楽はCDで聴いたことあったけど、見たのは実はこれが初めてだ。

いやー、しかし期待していたよりかなり面白かった! 大まかなストーリーは、Wikipedia:魔笛あたりを参照してくだされ
タミーノはどうでもいいのだが、パパゲーノが魔法の鈴(グロッケンシュピール)を奏でて一発逆転、パパゲーナを呼び寄せる辺りはまさに感動モノだね。音楽も素晴らしいし、やっぱりモーツァルトは天才だな。

ところで、よく言われているように、「魔笛」には色々とツッコミ所がある。ストーリーの様々な部分が穴だらけなのだ。
そこで、妄想大好きでエセ関西人の私が、ツッコミを入れてみよう。あまり予備知識なしで見たので、激しく見当違いのことを言っているかもしれない。ご容赦。

■そもそも、タミーノは何者だ?
王子というわりには、お供も付けずに山の中を一人で歩いてるあたり、訳が分からない。そもそも、なんであんな山奥に用があったんだ?
これはおそらく、あのお人好しのタミーノ君のことだから、誰かにだまされたか、からかわれたかしたのだろう。「一人で山の中に入って○○を取ってくれば一人前ですよ」みたいな。

ただ、ならばそれなりの剣の腕前を持つ王子だと思ってたら、大蛇に出会っただけで「Zu Hilfe! Zu Hilfe!」(助けてくれ!助けてくれ!)と騒ぎまくって気絶するのは弱すぎる。一太刀くらい浴びせたらどうかと。
たぶん王宮でも、自信はあるけど何もできないタイプで、影で笑われていると思う。まぁ漏れは、ああいう純粋まっすぐタイプは苦手だね(個人的意見)


■夜の女王は何故タミーノを選んだ?
大蛇に出会っただけで気絶するほどよわよわのタミーノに、なぜ娘の救出を頼むんだ? 奴の取り柄と言えば、顔がハンサムなことだけだろう……弱いし。

最初は、通りがかりの全ての男に頼んでいたのではとも思ったが(にっくきザラストロへ、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる)、魔笛を渡しているからなぁ……。あれほど強力なマジックアイテムは、夜の女王といえどもやはり一つしか持っていなかったと考えるのが妥当だろう。そうなると、やっぱりタミーノをわざわざ選んでいるわけだ。
うーん、この謎は、妄想大好きの私でも解けなかった。残念。

ちなみに、パパゲーノをお供に付けたのは、まぁ分かる。どんなに優れた人間でも、やっぱりお供はいた方がいいだろうし、パパゲーノなら(夜の女王にとっても)扱いやすいしな。


■夜の女王とパミーナの関係
出会ったばかりのタミーノに「娘をやろう」と言ったり、モノスタトスに反乱を起こす条件として娘を差し出すあたり、夜の女王の娘に対する態度は、どうみてもただの「道具」だ。
登場時の「Rezitativ und Arie - O zitt're nicht, mein lieber Sohn!」も、実は嘘つきで娘のことは何とも思っていない、という解釈でOKだと思う。(娘はオマケで、あくまでザラストロを倒して欲しいわけだ)

一方パミーナは、夜の女王からザラストロを刺し殺せと言われて激しく悩む辺り、母親への愛情もいくらか持っているようだ。
おそらく、ザラストロにその辺のマトモな教育をされたのでは無かろうか。


■第一幕と第二幕での、善悪交代について
色々なところでこの点を突っ込まれているけど、むしろ私は自然に感じて、全くおかしいとは思わなかった。単にお人好しのタミーノ君が、(実は腹黒い)夜の女王にだまされていただけ、という説明で問題なく収まる範囲だろう。
調べてみると色んな本などで破綻していると書かれているけど、それほど破綻しているストーリーかなぁ? 私は極めて普通の流れだと思ったけどなぁ。(もちろん、細かい部分にツッコミはあるけど)


■ザラストロは、なぜパミーナをさらってきたのか?
誘拐したこと自体は、どうやら事実らしい。では、なぜザラストロほどの聖人が、パミーナを誘拐したか?
これはね、ザラストロは、夜の女王の元でパミーナまでもが腹黒く育ってしまうのを許せなかったんだな。ちょうど、両親に虐待された子供を保護する児童相談所的な役割。(パミーナは大人だが……)
で、夜の女王は、自分が悪い親だという自覚が無いから、ムッキーとブチ切れたわけだ。で、タミーノに、「パミーナを取り戻して来い、ザラストロっていう悪い奴が誘拐していったんだ」と一芝居打ったわけ。


■パパゲーナは、どうして老婆の姿だった?
これはたぶん、2つ考えられる。一つは、実はパパゲーノへの試練はあの時まだ続いていて、たとえ老婆でも自分を愛してくれる人を愛せるかというテストだった。→だから、愛を誓ったら若い娘になった。でも今までがダメダメすぎたから、やっぱナシ。
もう一つは、パパゲーナは夜の女王の(?)呪いで、若い娘だったのに老婆に変えられていた。その呪いは、ちょうど「美女と野獣」のように、自分を愛する人の前で解ける呪いだった、と。

|

« Solaris10/11のtelnetd脆弱性 | トップページ | ドリームキャストは終わらない:トリガーハートエグゼリカ購入。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積んでいた「魔笛」のLDをやっと見た:

« Solaris10/11のtelnetd脆弱性 | トップページ | ドリームキャストは終わらない:トリガーハートエグゼリカ購入。 »