« NHC DR-A480レビュー その2 | トップページ | 小田真規子: ホットケーキミックスでおいしいお菓子 »

2006.11.05

鈴木清順「木乃伊の恋」を見た。

久々に映画見てきたよ
恐怖劇場アンバランス「木乃伊(みいら)の恋」

■あらすじ:
冒頭、「春雨物語」について語る主人公(名前忘れた。役は渡辺美佐子)。
春雨物語とは、「即身仏(定助)が蘇ったのでみんなで崇めてみたが、実はエロいダメ人間だった。残念」という昔の物語である。
しかし、あれが最後のゴジラ定助とは思えない。人間に欲望がある限り、新たなゴジラ定助が現れるかもしれない。

……うーん、こんなあらすじで分かってもらえるだろうか。かなり正確なあらすじだと思うのだが。
ちょっと検索してみたら、詳細な解説をしている方がおられたので、リンクさせて頂きます。
【恐怖劇場アンバランス】


■簡単な解説
監督:鈴木清順ということで、一部では結構有名らしい。私はまったく知らなかったけど。
また、音楽は冨田勲、制作にはあの「円谷英二」の名前もあり、時代物なのに何故か爆発などの特撮シーンが多い(笑)。最初に山が爆発したあれは、実は土間だったらしい(?)。
オープニングも、ちょっぴり「ウルトラQ」を連想させられる


■感想
即身仏(ミイラ)をボールにしてみんなでサッカー大会を始めたのを見て、「おおおっ!!」とかなり興奮したのだが(病んでるな、俺)、期待したほどのハチャメチャさは無かったなぁ。ちょっと拍子抜け。
まぁ佳作というレベルで、もう一度見たいとは思わないね。


ちなみにこれ、始めて行ってみた渋谷のシネマヴェーラ渋谷で見たのだが、ここ高いねぇ。45分のこの映像で1500円だった。

今は特集上映だから一本1000円かと思ってたら、入り口で気が付いたけど1500円だったよ!! しかも入れ替え制だから、これ一本しか見れなかったし……。
さすがに続けて1500円払ってもう一本見る気にはなれず、さっさと帰ってきてしまった。

まぁ渋谷の繁華街の映画館ということで、経営的にもキビしいかもしれんけど、もうちっと安くして欲しいなぁ。
あと関係ないけど、このシネマヴェーラ渋谷の周りは、あり得ないほどラブホテルが密集しててすごい所だった。まぁ私は人混みが大嫌いなので、たぶんもう渋谷には行かない。

|

« NHC DR-A480レビュー その2 | トップページ | 小田真規子: ホットケーキミックスでおいしいお菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2189/12557267

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木清順「木乃伊の恋」を見た。:

« NHC DR-A480レビュー その2 | トップページ | 小田真規子: ホットケーキミックスでおいしいお菓子 »