« JTBとぷらっとこだまの秘密について | トップページ | バナナとクルミのケーキ »

2006.11.26

黒澤明「羅生門」を、まちえいで見た

今日は町田駅のBOOK OFFに捜し物をしに行き、帰りにまちえいで映画を見た。
閉館まで黒澤明特集をやっていて、今日の上映作品は「羅生門」。前から見たいと思っていた映画だ

原作はもちろん芥川龍之介だが、羅生門というタイトルを掲げつつ、原作は「藪の中」の方だったりする。
昭和25年の作品なので当然モノクロ。1951年のヴェネチア国際映画祭グランプリ受賞作品らしい。とかの予備知識を頭に入れつつ鑑賞。

うーん、しかし期待していたほどは面白く無かったかなぁ。これは、漏れがまだまだお子様だからなのか。
最後に赤ん坊から着物をはぎ取るのは芥川の「羅生門」からの借用なのだろうけど、蛇足というかピントがズレている印象を受ける。

ちなみに、まちえいは相変わらずガラガラで、観客は15人くらいしかいなかったよ。やっぱり、町田と名画座という取り合わせが良くないんだろうな……。

|

« JTBとぷらっとこだまの秘密について | トップページ | バナナとクルミのケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2189/12837505

この記事へのトラックバック一覧です: 黒澤明「羅生門」を、まちえいで見た:

« JTBとぷらっとこだまの秘密について | トップページ | バナナとクルミのケーキ »