« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.27

JR 国立駅 ゲーセンマップ

谷保駅に用事があって行ったのだが、ついでと思ってJR国立駅にも行った。
20051127kunitatimap
谷保駅から国立駅へは、谷保駅北口の道路を何も考えずにまっすぐ歩けば着く。結構かかるけどね(20-30分)。

さて、国立駅には2件のゲームセンターがあるが、どっちも同じビルに入っている。ちょっと珍しいね。
地図の赤いバッテンのところね

*UFO
20051127kunitati
国立駅の南口から左手にあるビルの、B1Fにある。ちなみに2-3Fもゲーセンだけど、これは違う店。UFOは地下1階のみ。

中は、メダル・サテライト(MFC2)・音ゲー・ビデオ・大型筐体、と結構バランス良く揃っている。ビデオは1クレ50円。
STGはビデオ3台が設置してあるけど、3つとも2ゲーム切り替え式なので、実質6ゲーム! 偉い!!!! 入っているのは、「雷電/STRIKERS 1999」「怒首領蜂/怒首領蜂大往生」「虫姫さま/ガンバード2」だった。

対戦も結構盛り上がってたようだし、ここが国立の中心ゲーセンなのかね。


*ゲームファンタジア国立
UFOの入っているビルの、2,3Fがこのゲーセン。略称がGF国立。名前から分かる通り、シグマ系列のゲーセンだ
っつーか、普通にWebページあるね(ゲームファンタジア国立店)

2Fは、メダル+UFOキャッチャー。3Fはビデオが少しと(15-20台くらいだったかなぁ)、メダルも少し。サテライトでMJ2、あとプリクラがある。ビデオにSTGは入ってなかった。なーんだ。
客層的に、UFOはゲーマーっぽい人が多いけど、GF国立は微妙にヤンキー色が強いような……

ただ、ここはシグマ系列ということで、ビデオの筐体がシグマ製のGAME EXPLORERという珍しい物を使っている。ちょっとだけ見ておく価値はあるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR 谷保駅 ゲーセンマップ

まぁそんなわけで、コンサートに行ってきたので、その帰りに寄ったJR南武線・谷保駅のゲームセンターマップだよ。
20051127yahomap
っつっても1件しか無かったので、わざわざ地図を出すまでも無いんだが。上の赤いバッテンの所ね

*アミューズメントセンター ブリッジ
20051127yaho
JR谷保駅には、ゲーセンは1件しかない。それがこのAmusementCenter BRIDGEだ。
北口を出ると右手にマクドナルドがあるが、その奥にある。ちなみに2Fには、居酒屋の笑笑が入っている

品揃えは……入り口付近にはKONAMI系音ゲー(ポップン、GF等)とプリクラ。奥にはビデオとサテライト(MFC2、QMA2)が並んでいる。メダルは、スロットが4-5台だけ。
ビデオは全部で18台あったけど、STGは怒首領蜂大往生のみ。シューターの漏れとしては微妙な店だね

あと、谷保駅はカナーリ寂れてて、駅前に食事が出来そうな所があまり無かったのが少しだけ気になった。
ちなみに谷保駅北口の道路をずーっとまっすぐ歩いていくと(20-30分くらい)、JR国立駅に行ける。国立駅には2件ゲーセンがあるよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[コンサート] オーケストラ・ルゼル

気が向いたので、コンサートに行ってきた:オーケストラ・ルゼル
会場は国立(こくりつ、ではなく、くにたち)駅の、くにたち市民芸術小ホール。近くに一橋大とかある所やね

うーん、しかし国立に来るのは久々だ……実は中学受験の際に桐朋中学を受けてて、その時に来たのだ。あれって、今からもう10年以上前なのか? 懐かしいなぁ。元リュウモン氏とかと一緒にいた頃だね
まぁその時の受験結果は、アレでナニだったわけですが(ぷ

んで曲目は、

パリー:イギリス組曲
エルガー:弦楽セレナーデ
スーク:弦楽セレナーデ
しかし、エルガーの弦楽セレナーデしか聴いたことが無かった。パリーに至っては、そんな作曲家がいたことすら初めて知ったよ

演奏は、初めにちょっとだけ「ん?」と思ったけど、後は結構良かった。特に休憩後のスークの弦楽セレナーデは良かったよ。
ただ、会場に小さい子供が多くて、その子達が騒ぐのがかなり気になった……。漏れが神経質すぎなのだろうか?
演奏自体は良かったので、それが余計に残念だね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.26

鋳薔薇、PS2版発売決定(の模様)

今週号のファミ通を見ていたら、アーケーダーにとって超絶ビッグニュースが、超小さく掲載されていた

鋳薔薇、PS2にて2006/2/23に発売!!!!!!

しかし、気になるメーカーは……タイトーだってさ……。
なんか、それだけ聞いてガッカリしてしまうのは漏れだけだろうか? 7,140円でタイトーから出すより、12,000円でアリカから出す方が、お互い幸せになれると思うんだが。相変わらず、ケイブとアリカには禍根が残っているんだろうか……はたまたTypeX怨念が、タイトーとの提携を強行しているのだろうか。
しかし、こうして外野が勝手に心配するのもアレでナニだね


ところで相変わらず、ファミ通の記事はゲーセンが絡むとメチャクチャだね。

> アーケードファンから熱い支持を得たシューティングゲームを移植!

> 破壊とスコア稼ぎの爽快感はハンパじゃないぞ!

ここまでハズした記事を書かれると、もはやわざとやっているとしか思えないやね

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.20

ケツイ攻略DVD

そういえば旧聞になるが、ケツイDVDを買った
20051120ketsui
まぁ今さら言うまでもないが、INH(アイ・エヌ・エイチ)のケツイ攻略DVDやね
今気が付いたけど、次のターゲットは虫姫さまらすぃ。既に購入確定だ、チェックチェック。

ただ、INHのこのDVD、買うのがメンドいんだよな。たのみこむで販売しているんだけど、カードも銀行振込も不可で、代引きonlyだから環境的に買えねぇ。結局今回も、秋葉原のMak Japanで買ったよ
カードはともかく、銀行振込くらい対応してくれりゃいいのにねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリームキャストが我が家にやってきた(今さら)

まぁそんなわけで、ついにドリームキャストを買ったよ( ´∀`)
20051120dc
ドリームキャスト再生品という、セガに一度返ってきた物を修理したもの。まぁ新品と言って良いものだ
しばらく買おうかどうか迷ってたんだけど、かなり安い(ぷよぷよフィーバーとセットで12,000円)のと、売り切れるともうDCを新品で買える機会がなさそうだったので、とりあえず捕獲しておいた

っつーか、1998年発売の(当時の)次世代機を、2005年に買って喜んでいる漏れ。自分で自分が可愛いぜ(ぷ


そんなわけで、とりあえず秋葉原でいくつかDCゲーム買ってきたよ
20051120dc2
待望のセガガガと、評判いいけど安い(200円!)ソニックアドベンチャー。あとバイオハザード コード:ベロニカっつーのも200円だったのでムダに買ってみた
それと、悪友・Sが強烈にpushしていたスペースチャンネル5も安かったので捕獲(819円)。

ただ、基本的に我が家のゲーム環境はS端子 or RGBなので、標準ではビデオ出力しかできないDCはキツい……。
一応、秋葉原でDC用純正S端子ケーブルも探してみたけど、当然のことながらどこにも無かったやね。ちょっと探さないといかんな

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.15

ドキャ購入

なんか気が向いたので、ドリームキャスト買った。
ドリームキャスト再生品 ぷよぷよフィーバーセット

うーん、これで斑鳩とセガガガが出来るぜ……
達成感だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

コナミグループ再編キター

IT Media:
コナミが持ち株会社制に移行

結局、なんであんなにたくさんの子会社があるのかが大きな謎だったコナミグループは、再編することになったようだ

健康部門がコナミスポーツ+コナミスポーツライフで新会社コナミスポーツ&ライフ。
ゲーム部門が、おそらく旧コナミJPN+旧コナミSTUDIO+旧コナミ東京+コナミで、新会社コナミデジタルエンタテインメント。あと、カジノ事業を「ゲーミング&システム事業」って言い換えてるね。やっぱり日本だと、「カジノ」という単語は逆効果なのかな?
んでコナミ本体は、それらの純粋持株会社となる。それならコナミホールディングスとか名前変えればいいのにね。上場されるのはコナミ本体だけ……かな?

っつーか、「何も考えずに分割しまくった、あれは全てムダでした、ごめんチャイ」と言わんでいいのかと。
2,3年したら、もうコナミコンピュータエンタテインメントスタジオ(コナミSTUDIO)とかコナミコンピュータエンタテインメントジャパン(コナミJPN)なんて、誰も覚えていないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.03

関内ゲーセンマップ

というわけで、JR関内駅(地下鉄関内駅)周辺のゲームセンター地図だよ

*概要
関内駅は、JR京浜東北線と横浜市営地下鉄が通っている。少し歩けば、みなとみらい線の日本大通り駅からも十分歩いていける距離だ
あんまり詳しくは探さなかったのだけど、基本的に伊勢佐木町通り(横濱カレーミュージアムのある通り)にゲーセンは集中しているので、そこを歩いていけば良い。
20051103kannai

[1:AM PIA 伊勢佐木町]
20051103pia2
カレーミュージアムの入ってる建物の5Fと6Fが、PIAのゲームコーナーになっている。
まぁ典型的なPIAなわけで、5Fはメダルのみ、6FはUFOキャッチャーと大型筐体、それにコナミ系のサテライトや音ゲーがあるやね。当然のごとくビデオゲームは一つも無い。

UFOキャッチャーとコナミゲーは充実しているけど、それを求めないならば行く必要ない希ガス。


[2:AM PIA イセザキモール]
20051103pia
4階建てと結構大きいのだけど、PIAなのでビデオゲームは1台も置いてない。ひでぇ!!
3F:サテライト
2F:メダル
1F:プライズ+大型筐体
B:プリクラ+大型+MFC+MJ2
特に3Fは、死ぬほどスペースが空いていてヤバいほどガラガラだった。あんなにスペース空いてるんなら、アストロシティ10台くらい置けばいいのに……。
まぁシューターの漏れにはまったく行く必要のない店だね


[3:MARS]
20051103mars
個人経営の店かな? 1Fはプライズ+大型筐体、2Fはメダル、3Fはビデオゲーム+サテライト(MFC)。3FのSTGは、雷電IIと鋳薔薇が置いてあった。何故に鋳薔薇。
店内はあんまり綺麗じゃないし、微妙に地味だ。行くならCARROTの方がいいかな。


[4:CARROT]
20051103carrot
ナムコ系列の店らしいよ。そのせいかアイドルマスターが誇らしげに設置してあったけど、漏れが見ている間にプレイする人は誰もいなかった……4つの座席が少し寂しげだった
店は1Fしかなくて狭いものの、UFOキャッチャー、ビデオ、サテライト端末とバランス良く設置されている。ビデオにはレゲーも微妙にあり、STGは極上パロディウス、エスプガルーダ、ケツイと良い品揃え。ここはいいね。

すぐ隣に、嫌がらせのごとくSt.Tropezが派手な電飾を付けている。負けないで欲しいところ。


[5:AM St.Tropez(サントロペ) 伊勢佐木町]
20051103tropez
CARROTのすぐ隣にあるゲーセン。パチンコ屋系列のようで、1Fはパチンコだけど階段付近にはUFOキャッチャーも少し設置してあった
2Fはビデオゲーム+UFOキャッチャー+サテライト(MFCが主)。STGは雷電IIIと鋳薔薇が設置してあった。3Fはメダルonly。
ここは敷地が広いため、各フロアも広くてゆったりとしている。

……っつーか今調べていて初めて知ったけど、PIAと横濱カレーミュージアムとSt.Tropezは、全て同じ系列だった!
株式会社マタハリーが全部経営しているんだ……知らなかった……。


*総評
関内は、マタハリーが牛耳っている。PIAとSt.Tropezがその2大柱だ
ナムコのCARROTも頑張っているようには見えるものの、やはりメダルを置いていない以上、売り上げではかなわないだろう。残念なことだ

アーケーダー(STG専門)としてはCARROTが少々気になるものの、わざわざ遠征して行くほどのゲーセンは、残念ながら存在しない。
たぶんもう行かないかな……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古楽器のコンサート行ってきた

コンサート聴きに行ってきた:カメラータ・ムジカーレ
古楽器で演奏をされているということで、激しく興味があったのだ

会場は、関内の横浜市開港記念会館。って、初めて行ったのだけど。
建物自体は歴史を感じさせていいものの、大通りに面しているため、演奏中も車が通る音がガンガン入ってきてかなり気になった……あんまりコンサート会場には向いていないかも。

ちなみに曲目は(Webページより引用)、

J.S.バッハ
 ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050
 管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV1066
 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
 ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ 第1番 ト長調 BWV1027
A.ヴィヴァルディ
 「調和の幻想」作品3より 協奏曲 第8番 イ短調
 ソプラニーノ・リコーダー協奏曲 イ短調
あと、アンコールとして管弦楽組曲第3番のAir(いわゆるG線上のアリア)。

実は、本物のチェンバロを初めて見た&聴いたのだけど、やっぱりいいなぁ。ピアノと違って、「弾く」というよりも「奏でる」という言葉がピッタリ。特にブランデンブルクの5番はチェンバロの長いソロがあるのだが、あれを生で聴けたのは満足。
ただ、確かに音が小さめなので、これ以上大きいホールとかでは難しいのかもしれない。勝手に納得。

ヴァイオリン類も、普通のヴァイオリンとは違う音色だったやね。華やかさを抑えていて、柔らかめというか。
ただ、古楽器ということでピッチがずいぶん低かったようで、なんかずっと落ち着かなかった……「音、狂ってるんじゃないのか? ……いや、違うか……」と何度も思ってしまった。

現代ピッチに慣れた私の耳は、古楽器には向いてないのかもなぁ。現代っ子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »