« PostgreSQL CE | トップページ | ハウル見ました。 »

2005.01.16

麻雀格闘倶楽部はコナミの名作なのか迷作なのか

そういえば、先日はじめてコナミの麻雀格闘倶楽部をやった
いつも、おっさん連中が背中丸めて必死にやっているもんだから、どんなもんじゃろかとpop'nの待ち時間にプレイしてみたわけでスガー。それに、将来私が経営するゲーセンに置くかもしれないしな。

まず、コイン入れた途端に液晶が無茶苦茶キレイでビックリ! QMA2に比べてあんなに高精細なTFTカラー液晶を使っているとは……豪勢だなオイ。
そしていきなり、指紋認証!! マジかよー。全ての筐体に、指紋認証用のセンサーが付いているのだ。コナミ、金のかけ方がよく分からん……。

しかもさらに謎なのが、「指紋認証をした後に暗証番号を入力する」。いやいやいや。それ、指紋認証要らないじゃん! さすがコナミ、無駄な設備を投入してその代わりに筐体定価を上昇させる辺りが我々の期待を裏切りません
ゲーム自体は、まぁ普通のオンライン対戦麻雀だよ。液晶がやたらキレイだから、牌も不気味なくらいに綺麗で見やすいってのはあるけど。ネットワークはかなり安定してて、一度だけ落ちて対戦相手が全員CPUになったけどそれだけ。

他に小ネタとしては、

  • ランクが黄龍(だっけ? とにかくランク高い人)になっている人が来ると、店内の全ての台に「現在第2位の黄龍・○○さんが来店されました」とか割り込みでメッセージが流れる。うへぇ。
  • 対戦中、中央の名前表示部分を上上下下左右左右[次へ][ロン]と押すと、BGMがグラディウスになる。ちょっち感動。

かな。ちなみにグラディウスモードにすると、右上のロゴ(?)もビッグバイパーになる。ただ、アーケード版じゃなくてファミコン版グラディウスのビッグバイパーなので貧弱。
っつーかポップンのビッグバイパーもファミコン版のグラフィックスだったなぁ。どうしてアーケード版にしなかったんだろう。貧弱貧弱ゥ。

まぁそんなわけで、自称アーケーダーな漏れとしてはもうちっと観察してみるよ>麻雀格闘倶楽部

|

« PostgreSQL CE | トップページ | ハウル見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻雀格闘倶楽部はコナミの名作なのか迷作なのか:

« PostgreSQL CE | トップページ | ハウル見ました。 »