« 科学情報専門検索サイト Scirus | トップページ | エスプガルーダに関する感想 »

2004.04.13

[diary] ガルーダ最終段階

またもやエスプガルーダをプレイ。

5面のセセリで、針弾バラ巻きの後の青玉(大)バラ巻き対策。特に2弾目は、やはり画面下部で急速にスピードが落ちて広がるので、バリアも覚聖もせずに簡単に抜けられる。これはOK
ワインダーも、8本に増える時にさえ気を付ければ簡単だ

その後、調子が良かったのでラスボスまで行ったけど、2ゲージ目(ジャコウ)で撃沈。うぐぅ

その後、もう一度プレイ。今回も調子が良く、ようやくラスボスに到達出来た。1段階目と、2段階目のジャコウも意外と簡単に倒せたが、「お、つ、ついにクリア出来るか??」というプレッシャーに負けてしまって3段階目(結晶)の最終形態まで行ったけど終了……あああああああああ!! 失敗……

4面道中は、まぁバリア2回を許せば抜けられるけど、5-2の道中が苦しい。ただ、アリクロの弾は非常に小さいようなので、思い切った切り返しをやる度胸さえあれば、結構簡単に安定するのかもしれない

あと、4ボスは上下に挟まれた後に下にまた移動する所までは良いが、その後の2列で扇針弾を撃ってくる子機を下ろしてくる辺りが微妙だ。
片方の列の下にずっといて、レイピアで子機を破壊していればいいけど、もう片方の子機からの扇弾を避けるためにちょっとラインをずらすと、もうダメになってしまう。要研究だな

っつーか、リベンジセセリのあの放射状8方向ワインダー、ファンタジーゾーンの某ボスを思い出してしまったのは私だけですか。

|

« 科学情報専門検索サイト Scirus | トップページ | エスプガルーダに関する感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [diary] ガルーダ最終段階:

« 科学情報専門検索サイト Scirus | トップページ | エスプガルーダに関する感想 »