« NetBSD 1.6.2 リリース | トップページ | 悟りを開きそうな人 »

2004.03.04

FM-TOWNS物語

古河建純 インターネットBlog:
FM TOWNS(その1)

おお、FM-TOWNS! 間違いなく日本のPCの歴史でも名機に数えられるシリーズです。初期のFM-Vがアレでナニだったのであまり富士通マシンは好きではないのですが(ぉ、TOWNSは別物でした。

写真が載っているこのタイプは、CD-ROMをイジェクトすると、手前にフタがガチャコンと開くギミックが付いています。ちょうどプレステやサターンのような、ゲーム機のCD-ROM部分を縦にしたイメージですな。
高校の時に触って、TOWNSの素晴らしさには驚いたものです

システムメニューもGUIだったり、CD-ROM起動も当たり前だったり、かなり先進的なマシンでした。CD-ROMを標準搭載も業界初でしたね。

そういえばFMV-TOWNSとかいうコンパチモデルもあったなぁ……。

|

« NetBSD 1.6.2 リリース | トップページ | 悟りを開きそうな人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2189/259589

この記事へのトラックバック一覧です: FM-TOWNS物語:

« NetBSD 1.6.2 リリース | トップページ | 悟りを開きそうな人 »