« サンデーがときメモに対して謝罪記事 | トップページ | 花粉症と漢方薬 »

2004.02.26

誤字脱字と全員正解

毎年この時期になると、大学入試での誤字脱字が指摘される。今回も「問題」を「間題」という誤字があって全員正解にしたらしい(「問題」を「間題」と誤植 新潟大の前期日程入試)

しかしいつも思うのだけど、この程度の誤植で間違えるような人なら、むしろ不正解にして良いのでは無いだろうか

どこかの大学院入試で英単語にミススペルがあったとき、「単語一つにミススペルがあった程度で文意が取れなくなる人は必要ない」として全員正解などの措置を取らない発言があったけど、正にその通りだ。
世の中、誤植なんてそれこそ山ほどあるし、教科書に書いてあることが誤りな事例だってたくさんある。それなのに、活字というものには絶対にミスが無い、みたいな前提でこんなに大騒ぎして措置を取る必要があるのだろうか

教科書は絶対に正しいと思ってたり、活字になっていることは何でも信じたりする人が量産されているのも、この辺に一つの原因がある希ガスる
いや、昔、活字になっていれば本気で信じる人に遭遇して、ビビったもので。

|

« サンデーがときメモに対して謝罪記事 | トップページ | 花粉症と漢方薬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤字脱字と全員正解:

« サンデーがときメモに対して謝罪記事 | トップページ | 花粉症と漢方薬 »