« Getting and installing NetBSD-current | トップページ | Googleが電子メールサービス »

2004.01.20

[diary] 一太郎2004

1/19

大学へ行き、修士論文を教授に渡す。これでOKが出れば、あとは提出して修論発表会だけだ。
あー、もうさっさと大学出ていって働きたいY。

一太郎2004発売のお知らせが、Justsystemから郵便で届いていた。最初のページに開発スタッフの写真が載っていたので、ジャストシステムに就職したO先輩の姿を探してみたけどいなかった。ちょっと残念。

バージョンアップ版で8,000円、キャンパスキットも8,000円か。大学生協でキャンパスキットを買うことにしよう

ところで、たぶん日本中のLinux使いの90%の人は待っていると思うのだけど、ATOK Xの次バージョンはまだ出さないのだろうか? もうこれを言い続けて2年近くになるけど

何しろATOK Xが発売されて既に3年半近く経った。ATOK XはATOK 12相当なので、Windowsで鍛えた辞書ファイルを持っていくときもエラーで読み込んでくれないのだ(辞書ファイルのヘッダ部分を手動で書き換えて、ATOK 12の辞書だとATOK Xを騙せば、一応使えるけど)。

ATOK Xの次バージョンはいつ出るのかなぁ。そしてついでに、FreeBSD版ATOKもヨロシク。

|

« Getting and installing NetBSD-current | トップページ | Googleが電子メールサービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [diary] 一太郎2004:

« Getting and installing NetBSD-current | トップページ | Googleが電子メールサービス »